会社の文化

 昨日は、HP関連のお勉強をしていたのですが、キチット整理しながら学習すれば、今頭を悩ませている組込みソフトの整理にも考え方が使えそうなので何だか嬉しくなり更に頑張って教わらなくてはと気合が入りました。

 そんな事考える余裕があるのは、HPを教えてくれる先輩がいるからです。これが自学習のみですと頭の整理だけでイッパイイッパイ、もう一工夫しようと言う余裕がありません、先輩のおかげ様です。そうそう先輩は、退職後に真空管アンプ関連を楽しむ計画があるそうです。そのために「CADなども勉強しなくてはならず大変だ」と大変嬉しそうでした。

 先輩には、随分と色々な事を教わりました。特には、それまでまるで知識のなかった電子回路関係について、それこそ手取り足取り、英語資料の読み方からJISハンドブック、実用回路にトラ技まで、今の基礎になっています。そして今日は g-mon が同僚に教える番です。

 教わる事、教える事はどんどん変わって行くとは思いますが誰かが誰かに教える文化は大事にしていきたいと思います。それとただ与えられるだけではなく自分たちで工夫してみようと思う心も大事な文化、これも一緒に伝えられたらと思います。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する