難しい話

 ノーツコンソーシアムオープンセミナーにて「バージョンアップ研修会を行って」をテーマにパネルディスカッションを行う事になりましたので、その下打ち合わせに大塚商会様本社へお邪魔しました。

http://www.notescons.gr.jp/seminar/2046/

終業時間外に集まってNotes好きの打合せ

 大きい会社ですねー、ここでノーツが何故素晴らしいのか意見交換をさせて頂いたのですが、その中で使い方を知らないと言う話題も出ました。

 ノーツの場合、一般のアプリとは違い本当の素晴らしさを買って来て直ぐに感じれると言う訳ではありません、どのように使ってどのように会社に貢献してもらおうかをおのおの考えなくてはいけ無いのです。

 それだけにスタートは大変なのかも知れませんがちゃんと考え一度動き出してしまえば相乗効果でどんどん新しい工夫が生まれ社内横縦の繋がりがどんどん強化されていきます。そんなアプリは他にはありません。

 問題は考えると言う事です。g-mon は、何をするにも何故それをするのか、何のためにするのかを考えるのが当たりまえだと思っていましたがそれはどうも経験のない人にはとても難しい事の様です。

 では、経験が無いのが大多数の会社だとしたら?残念ながら例えばつまらない政治判断で間違った道に進む事になるのでしょう。とても悔しかったりしますが g-mon には止められません。

 そこがもっとも大切な事だとしても、考えの及ばない人に「考えて下さい」と言ったところで「バカにするな!」と怒られるだけなのです。悲しいなー。

届かに夢かもしれないけれど諦めきれないなー

 g-mon は、頑固です。届かないかも知れないと思っても夢を諦めきれずに今出来る事を頑張る。もしかしたらノーツの素晴らしさを何時か分かって貰えるかもしれないから。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する