クレーム大歓迎

2月に立ち上げと言ってくれているシステムでクレームが出ました。内容は、

・納品され伝票を受付けているにも関わらずコンピューター上で処理されていない物件が試験運用中に2件ありました。

と言ったものでKeyになる情報を得て慌てて調査、結果は・・・。

・以前のプロセスは、受入れ検査後に伝票を事務に持込みコンピューターに1件づつ入力して処理をすると言うものでした。

・変更後は、スーパーレジの用に受入担当者が現品票のバーコードを読取、品物を確認し分納である場合には、受入数量を手入力するプロセスに変更されました。

これにより受入品質の向上と処理効率改善を狙ったのですが今回のクレーム内容は2件とも受入数入力ミスで発注数より納入数が多かったためコンピューターが受付なかったのが原因と判明しました。

受入処理画面

そこで

・現品票のバーコード内容を「商品識別コード+納入数」に変更した。(正しければ納入数入力が無い)

・受付処理時に発注残を自動確認し「完納・分納注意・納品数オーバー!」と言ったように注意を促す。

と言ったシステムに組換え再度仕様確認し納品さてこれで2月末までのスタートが何とかなるでしょうか?

システムを作って居ると思わぬ落とし穴(使われ方)に遭遇する事が多々ありその都度大慌てする事になりますが自社開発ですので半日あれば解決策を提示し一緒に笑う事が出来ます。

そこが Notes/Domino の強みであり、だからこの仕事は面白い♪
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する