サラリーマン

 勤め人になって給料が少ないと会社の問題を指摘する方は多かったけどそれではどうやって会社が儲かるようにするかを一緒に考えてくれる人はとても少なかった。

 ただ会社が儲かるように頑張って結果が出てもそれを正当に評価してくれる実力が会社側に必ずある訳でもないと言う事はその後段々と分かってきた。

 会社は組織だから全員が頑張らなくても5割が頑張れればソコソコの不況にも立ち向かえるのだけどその半数が組織に気付く事がそもそも難しい。

 結局のところ自分が何をすべきか何が出来るのかなんてチャント考えてる人はマレで上司が会社が悪い、考えるのはあの人たちと思っている。

 だからサラリーマンは気楽なんだと思う。

 
コメント

難しい話だね^^;
以前、g様とサラリーの話したけど、
バブルを知らない我々世代はお金の問題は生活に直結したりする。でもおっしゃる通り、自分のことしか考えない輩が多いのも事実。私自身、自営業の家庭に育ったサラリーマンですが、その狭間で悩むところも多かったりします・・・。

よういちさん ありがとうございます。

仰る通り考えない人が多い中、しっかり答えを探して自分の道を決められた方が居る事も確かです。
同僚はこの日記を読んで最初「辛辣な」と思ったそうですが二度目に「その先が言いたいんだ」と分かったと話してくれました。

私自身それほどシッカリした者ではありませんし必ずしも同僚達と上手く問題を共有できている訳では無いのですが単に使われるより自律して働く事の喜びがある事を伝えたいと考えています。

答えの出ていない難しい話ですのでまた何時か一緒に呑む機会でもあればそんな話にもお付き合いください。
宜しくお願い致します。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する