FC2ブログ

未来の

 近所の工場地帯は、大きな研究所や工場などが無くなり倉庫だけが並ぶ通りになってしまいました。トラックの出入りは多いですが常駐で働いている方は少ないかもしれません乗用車らしきは数台です。以前働いていた方々はどこに行かれたのでしょう。雇用(仕事)について色々な方のお話を聞いて考える事が多いです。

朝もやの倉庫群

聞いた話1:政府はミスマッチ、仕事は沢山あると言うが早期退職やリストラで事務職その他から離れた人が介護その他の仕事に自分のヤリガイをそうそうに見つけられる物なのか?JALのキャビン・アテンダントの悲痛はわかる。

経験1:随分前の話になりますがリストラされたパートさんを雇用しました。その働きは過去の流れで雇用し続けていた男性正社員の数倍の量と品質、しかも世間並みのパート料で楽しく仕事をしてくれるのです。適材適所と言う事でしょうか。

聞いた話2:宮大工の道は、中学卒業位で入らないと一人前には成れない。同じ仕事を繰り返し何年も体に染み込ませ一人前になったやつは、古い建物に触れただけで図面が描ける。余計な物が染み付いたやつはダメだ。

経験2:お客様から状況を1つ2つ聞いただけで修理の方法が分かる事が多々ありました。設計、部品手配から製造、そして修理まで何年も手掛けて来たからあたりまえの話です。どんな仕事も嫌がらず経験を積めば一人前になるのでしょうか。

聞いた話3:講演後の社長さん「ライバル会社その他大勢来てましたがノウハウをそんなに話してしまっていいのですか?」の問いに「実際に理解して実行できる人は居ませんよ」。何をやるも重要だがどうやるが重要何だよ。

経験3:以前は誰にでも同じ説明の仕方をしましたが今は経験を積んでいない方には先に経験を積んで達成してからでないと何を伝えたいかが届かないと知りました。結果を求めるには、その手前の手前から始めなくてはいけないのでしょうか。

 まだまだ色々なお話、事例があると思いますが、こんな所の1つ1つに日本の未来や個人の幸せ仕事のやりがいが隠れているのでは?と g-mon は思うのですが皆さんはどう思われますか?もっともっと色々な話を聞いてもっともっと考えてみたい。そう思います。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する