仕事を作る

 システムの調子がおかしいと呼ばれました。「前任者が他プロジェクトで居ないため代わりにやっているのだが動きが良く分からない」そうです。

 聞き取ったところ、作業伝票を登録した結果がシステムのオーダーに反映されない時があるのでチェックする仕事だそうで、もう何年も前から続けているとの事でした。

  g-mon の作ったシステムでは、こう言った仕事が自然的に発生している事があります。なんらかのシステム障害をその部署の時には担当だけの判断で改善案を考え対応してくれている。それで何とかシステムが動いているのですからありがたい事です。

 でも本当にそれで良いのでしょうか?オーダーに反映されない時があるのは、伝票処理をキチットしないから?操作手順を時に間違えるから?もしかしたらシステムに欠陥があるのかも?誰も根本を直そうとせず問題が起こる度1つ仕事が増えて行きます。

 今回担当してくれた方にこの事に気付いてと言うのは無理でしょう。でも前任者は3年以上は関わっていたのでは?その前の方は? g-mon にも当たり前と思って行っているけど本当は必要ない仕事があるかも知れません。良いチャンスなので1度仕事を見直してみたいと思います。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する