最初に考える

どう言うわけだか沢山の問題を抱えて動けなくなりあれもこれも遅れだし無理して行った仕事に問題が発生し更に忙しくなると言う悪循環から抜けられない。なんて事あります?

色々上がって一度に進めようとしていた計画を整理すると今回は、2つの製品を同時に完成させなくてはならず、良い製品にするためコアとなる新技術開発が2つ提案されている事が分かりました。

2つの製品を作るには2種類のCPU基板を作らなくてはならないのですが幸いな事にCPUは1種類でした。

そこでまず、最重要コアとなるCPUを徹底的に調べ上げる事に専門家のリソースを集中してもらう事にしました。

合わせて後の人には集中している担当者を守る(余計な仕事を回さない)ようにお願いしました。

またもう一つのコア新技術は製品2つがリリースされた後の製品マイナーチェンジ計画の中に組み込む事にしました。

これで大分混乱も治まるはずです。

混乱は必ず整理できます

やった事は、あたりまえですよね。でも今は何故か出来ないのです。が何回か練習をすれば出来るようになります。

この横軸(リソースとやるべき事)と縦軸(時間)を使った整理方法は、何にでも使えます。

先日は、情報管理(情報漏えい防止)についての会合がありました。

議題を「持ち出しパソコンの盗難対策」に絞り会合の最初に流れを説明しました。
・持出の範囲(定義)
・持出PCの利用制限(ルール)
・状況確認方法(管理)
・具体的な実施手順(計画)

何回か話が飛びそうになる都度、議題と流れを再確認してもらい、気になる事はペンディング事項として議事録に残し議題を絞ったお蔭様で2時間の会合時間内にこの日出さなくてはならない結論まで達する事が出来ました。逆にもし議題を絞らないで「情報漏えい防止」などとしたら1年たっても何も実行されないのでは?

問題点を整理し、大事な事をやらないでは無くこの順番なら確実に出来ると示してから物事を始めると言うのは何にでも応用できる事だと思います。例えば 、人生にも。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する