夢に向かって

 g-mon には、もう随分前に立て、残念ながらどうも現役で働いている間には届きそうにない仕事上の夢があります。それは、今努めている会社を一流企業にする事であり更には一流になった事を判断する目標が2つあります。

目標1.数値的目標
・売上:300億円
・経常利益:30億円
・従業員数:300名

目標2.イメージ的目標
・休日の朝早く日本を紹介した短いTV番組のスポンサーになる

 売上を300億まで上げるにはもっと世界に進出し各国のお客様のお役にたたなくてはなりません(立ちたいのです)。その活動の中で得た30億を使用し本当にお客様の役に立つ事を真剣に考え新しいニーズを作り出したいのです(次々とお客様の夢に答えたいのです)。そしてそんな気持ちが1つになり全員が営業で全員が技術で全員が製造の会社って300人ぐらいかな?(同じ価値観の人皆で幸せになりたいのです)と思うのです。

 TV番組のスポンサーは、何か生業とは関係ないところでも社会にお役に立つと言う事も考えてみたいと言う現れです。

 今、この g-mon の夢と今の会社に不足している部分(経営層の夢や目標に届いていない部分)を現状把握してもう一度、g-mon に届く範囲の目的と目標の作成を始めようと思っています。

 日々は目の前の問題を苦しみながらも解決して行くのだけれど夢と具体的な目標(ミドルチャンク)があれば何時でも気持ちよく仕事は出来るものだと思います。もちろん、多少の無理もありますけれどね。
(#⌒∇⌒#)ゞ

コメント

夢は現実に向かっていますか?
目標はあくまで目標なんだけど、少しでも近づければやった感はできるし、もっと出来るかもとやりがいにもなるもんね♪
頑張ってねp(*^-^*)q

マリウスさん お陰さまで少し形になってきました。

今は仲間たちの目標、売れたではなくて売ったを、ニーズを見つけられるシーズを作る、何を作っているか知っていて現場に立つ、と言った少し抽象的な目的を達成するために一緒に頑張っています。
そう胸を張って言える事が嬉しいと感じます。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する