言葉

 サッカージャーナリストの安藤隆人さんは「コミニュケーションとは相互理解で、同じ目線で話すことが必要」と強調。サッカー選手への取材時には「自分の引き出しを持っいるか、相手の引き出しを開けられるか、そして、いかに相手から自分の引き出しを開けて貰えるか」という3点を常に意識している。とトークセミナー冒頭の様子が取材文にありました。

コミニュケーションとは相互理解。
・自分の経験や知識と照らし合わせ相手と共有出来るテーマを作る。
・自分が発した言葉を反復理解しながら考えや思いを伝える。
・相手の発した言葉を自身の思考の隙間に挟み込み疑似体験をし理解を積み上げて行く。
事だと思う。だから同じ目線(同じテーマ)がコミニュケーションには必要となる。

引き出しと言う言葉から考えて、
・経験や知識の事であろうが、それらがある(ただ生きてきた)と言うのなら引き出しがあるとは言わない。
・その時々の経験や知識を感動と言う形でしまっておき、必要な時に整理し開き再構築し相手に伝える。
・または、そのような行為を相手が行えるように質問などで興味を刺激し引き出しを開く。
・何よりも共通のテーマを通してこちらに興味を持って貰う事が大切。
と言った事を安藤隆人さんは、講演されたのではないだろうか。

  g-mon 気になった言葉の意味を深く考える事を推奨しています。例えば「子供を学校に通わせる」の意味を考えると「一般的に親は子供より早く死ぬのでその後も子供が一人で生活できるようにするため学校に通わせる」と成ります。この様に発した言葉の意味を深く考えるとその後の子供との接し方や当面の行動が大きく変わるから不思議です。学校に通わせる事が目的ではなく幸せになって貰う事が目的だと気づき、それを子供に説明し一緒に目標に付いて考える事が出来るようになるからでしょう。

 相手(または自分)の発した言葉の意味を深く考える事で自分を、相手を理解する事が出来、そこからコミニュケーション(相互理解)が始まる。コラムを読んでそんな風に感じとても勉強になりました。
コメント

良い教えですね~
でも、コミュニケーションって仕事でもプライベートでも難しいですよね
じゃなかったら相手とのやり取りで嫌な思いをすることは無いし、させる事も無い
「私が言いたいのはそうじゃない!」って事は日常茶飯事でめんどくさくなってしまうと適当に流してしまうなんて事ありません?
人と付き合うってたとえ親兄弟でも難しいと思う今日この頃(ー。ー)フゥ

マリウスさん ありがとうございます。

マリウスさん苦労されてるんですね。
分かってもらえないと言う経験、以前は特に多かったと思います。そして今は、結局は、直ぐにはわかってもらえないのがあたりまえと言うところで自分なりに納得しています。
どうしても譲れない事だけはダメですが他はどうでもよかったりもします。それでもやっぱり人と付き合うのは苦手です。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する