FC2ブログ

タコメーター/水温計

プリウスPHVってどんな車だった?(計測機器で制御を調べる)
注:ここでご紹介する数値などはあくまでも使用した機器の表示であって正しい値とは限りません、参考としてお読み下さい。

水温40℃で暖気運転停止

車好きな人がタコメーターや水温計を取付けて車の特性を知り一喜一憂をしているのを見てどう思われますか?「私には関係のない世界」と思われる方がほとんどでは?でも、車の特性を知っていると言うことは「ecoなどにも役立つのかな」とも思います。

プリウスカタログより転載

例えば暖機運転、プリウスPHV走出しはEVモードですから暖機運転を始めませんが一度HVモードに切替えるとどのような状態でも暖機運転を始めてしまいます。基本は30秒、更に水温40℃になるまでこの暖機運転は止まりません。更に困った事に最初の約30秒間エンジン暖機運転は充電するどころか走行にエンジンでは無くモーターを使用しようとしますのでアッ!と言う間に蓄えた電気を消費してしまいます。燃費を気にされている方はガッカリされるでしょうねぇ。走行途中でEVからHVに切替える方は最初の1分程度は停車し暖気を行いその後はエンジンを掛けながら走行、EVボタンが利くようになったら適時に切替がお得、ちいさな事ですがそれがeco節約は大事です。(笑)



以前は、タコメーターや水温計の値を調べるのにエンジンなどから直接引出し計測していましたがプリウスは、バッテリー、ラジエターその他主要な部分にセンサーを取付けブロック毎にコンピューターで管理、更にそれらのコンピューターを統合して集中管理するコンピュータまであると言うのですから驚きです。こういった理由から現在の計測機器は直接各パーツに接続するのではなくコンピューター間の信号を読取るだけで例えばアクセルをどの程度踏んでいるか、何回EVモードを使用したかなど様々な状況を読取る事が出来るのです。(実際DRさんも点検の時にこの信号を読取って車の状態を診断しています)信号を取り出す場所はこちら。

コネクターの位置

それでは、友達、家族に協力してもらい撮影、計測機器表示速度の問題もあり飛び飛びですがどんな数値が読取れたかご報告させて下さい。(今回取付けた機器で計測出来るのは、エンジン回転数(左上)、SOC:バッテリー%(右上)、水温計(左下)、電流計(右下)です)

Q:EVモード走行時の電流はどのくらい流れているの?
A:EVモード時に表示されるモニター中央までゲージが来た所で約100A、PWRレベル手前で約200Aのようです。

ゲージセンターで約100A

Q:EVモードで急な坂道を上る時アクセルをグッツと踏込むとエンジンが掛かってしまいますがどんな時にそうなるのですか?
A:先ほどの電流値が200Aを越えた辺りでエンジンでのフォローを始めます。でも一度アクセルを緩め電流値が200Aを下回れば操作なくEVモード走行に戻ります。




Q:HVモード時のエンジン回転数はどの位ですか?
A:HVモードプリウス安定走行時のエンジン回転数は(ちょうどインジケーター中央モーター走行からエンジン走行に切替る辺り)約1000rpmです。思ったより低いですね。(単位:rpm、1分間当たりの回転数)

HVモードエンジン回転数

Q:高速道路でのEVモード走行中エンジンは止まっているの?
A:EVモード(速度80km/h)ではエンジン回転数は0でしたので止まっていると考えられます。

EV走行時のエンジン回転数

Q:高速道路でも下り坂ではHVモードでモーター走行出来ますがエンジンは止まっていますか?
A:HVモードでモーター走行中のエンジン回転数は1000rpm前後で表示されました。ただエンジンは回転しているようですが燃料消費をしているかは計測できませんでした。(20型、30型にて他の計測機器で測定した経験ではエンジンは回転していますが燃料は消費されていません)

HVモード、モーター走行時のエンジン回転

Q:充電が終わった時ってバッテリーに何%程度の電気が溜まっていますか?
A:この計器では、SOC値として充電量を計測する事が出来ます。自宅で充電が終わった時点を計測したところSOC84.9%でした。まだだいぶ余裕がありますね。

充電完了時のSOC値

Q:バッテリーは完全に空になるまで使うことが出来ますか?
A:試してみました。バッテリーで走れる距離が表示されなくなるモードで電池の残量が2メモリを切った所、SOC値としては18.4%を切ったあたり。ここまで使うとプリウスは強制的にエンジンを始動し充電を始めます。充電完了はSOC20.8%、電池メモリ5でした。ですので完全に空になるまでは使えないようです。



如何でしたでしょうか?プリウスは各センサーの値(状態)によってかなりキチット制御(プログラム)されている事が読取れた事と思います。最新のテクノロジーを使用しより安全により快適にそして環境に優しく様々なライフスタイルに答えてくれるプリウスPHV、私も欲しくなってしまいました。

あ!プリウスPHVはブレーキ踏んでいれば、3km/hあたりまで回生しますよ♪

番外編:小雨降る中今日は momoさん(妻)と墓参りに行ってきました。義父は交通事故で早くに亡くなりましたがそれまではチョット有名な車の設計士、ジャニーズ関連の車体などの設計も手がけていたんですよ。事故の相手は飲酒運転、そんな人は絶対に車に乗ってはいけませんが所詮人間が運転する車です。プリウスは様々なシステムで運転する人や周囲を守ってくれますがこの技術がもっともっと進む事を望みます。
コメント

わかりやすいです。

わかりやすいです。
すばらしい分析でTOYOTAさんもびっくりでしょうね。

SOC推移のご報告(84.9%→18.4%→20.8%)をありがとうございます。

先日、同乗させていただいた時にEV走行可能距離がゼロになって自動的にHVモードへ移行した時のSOC値は30%前後だったように思うのですが、表示されていた値は忘れてしまいました。

その時のSOC値は分かりますでしょうか?

ほー、200Aも流れるんだ
約10Cだからまだ能力の半分ですね
でもやはりパワフルですね

たけちゃんさんありがとうございます。

これを喜んでくれる方はそんなに多くは無いと思いますが、たけちゃんさんならわかっていただけますよね♪
お褒め頂き光栄です。

なおゆきさん 申し訳ない。

正確な値は、わかりかねます。
ただ、表示が切替わり走行可能距離が0.4km表示の時点でSOCが20%あることはわかっています。HV走行は不可です。
走行可能距離表示は別としてHV走行不可になるのは、もっと前の時点ですね。キチット読み取っておかず申し訳ないです。 m( _ _)m

きみゅさんまさにパワフルですね。

そこまでは流さないだろうと私少しトヨタさんをなめていました(爆)
それいしても兵器と言うのは恐ろしいものでタップリあった10日間が足りなくなってしまいました。

試乗記、お疲れ様でした。
高速道路で遠出する際、高速道路はHVで、目的地の一般道だけをプラグインで貯めた電気でEV走行を、ということは可能ですか?

シルバ二アンさん ありがとうございます。

可能です。
きみゅさんとは、富士さんの麓で充電し650m登ってからほぼ満充電でテストを開始しました。
100km/hで走れること以外は何時ものEVボタンでした。

我輩は二週間借りれる事になりましたので、参考にさせていただきますね〜(^^)

錯乱坊さま それは宜しゅうございましたe-446

2週間あれば色々とお試しが出来ますので、EVのパワフルさなど色々お感じになられ良い車だと思われる事と思います。
正直に欲しい車の1台、お楽しみくださいませ m( _ _ )m
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する