FC2ブログ

小さな勇者たち

 先日「小さな勇者たち」と言う映画を見てきました。知らない?そうかなぁ 結構有名なんですが・・もしかして「ガメラ」と言ったら分りますか?そうなんです、怪獣映画です。
小さき前

 この映画の話を聞いた時とにかく懐かしいな?と思った。子供の頃ドキドキしながら見ましたもの、そうしたら見たくて見たくて・・子供の映画にアホでしょ?私も正直言うとそう思います、以前の私だったら見になんか行かなかったでしょうね、それも一人でなんか絶対ムリ。

 ストーリーは、簡単な前振りがあってお母さんを交通事故で亡くした父と少年が前向きに生きようとするところから本編に入ります。不思議な光に導かれて少年は赤い石の上に乗った小さな卵を見つけます。手に取ると小さなカメの子の誕生、これがカワイイんだぁー 付けた名前は「トト」お母さんが少年を呼ぶときに使っていたアダナなんです。

 少年の家は食堂なためペット禁止、友達に支えられながら少年とカメとの隠れ生活が始まります。途中子供の成長を気遣いながらも頑張る親達などホロリとくる場面を交えながら話は進み、いよいよ悪怪獣登場、でもまだトトは子供、危ないトト!トトには、この赤い石が必要なんだ、なんとかして届けなくては・・この映画を見て私2度泣きました・・アホです(* ̄0 ̄*)ノおーい!
小さき後

 題名の由来は、子供達がトトのために協力して赤い石を届けるところから来ているようです。一部悪怪獣が人を襲うシーンでドキッとさせられますが(アメリカでは修正されるでしょう)自然の美しさなどカメラはしっかり撮られていますし怪獣そのもののリアリティーの無さもあり小さなお子さんのいらっしゃるご家庭や怪獣ファンには喜ばれる作品だと思います(実際親子ずれでない男性がちらほら)。

 映画を見ている間に時々聞こえてくる「トトどうなっちゃうの?」「助けて上げれないの?」などなどちびっ子達のもれ聞こえてくる会話の可愛らしさ、なんだか私までほほえましい気分になりました。やっぱり子供はイイナー 一緒に遊びたくなりました、そんな映画でもあります。
コメント

おはようございます~
この映画 ちょっと気になってました。
子供向けみたいだけど大人でも鑑賞に
耐えられそうな感じもするから どうかな~?って。
感想をお聞きすると 大丈夫そうですね。
私 涙もろいから 何回泣けるかな~(笑)
姪っこ ダシにして見にいこうかな~♪

やま@大阪さん コメントありがとうございます
(お返事1度カキコしたのですが削除してしまったようです、遅れまして大変失礼致しました)

 童心に返ったと言うか、童心の心を呼び覚ましてくれた、そんな映画でした。最初はチョット抵抗があったのです、でも「トト」との交流により無垢な気持になり楽しむことが出来ました。そんなのもたまには良いかと・・

 この映画、少なくとも子供だましでは無いと私は思います。そりゃあ、ハリウッド映画のゴジラと比較したらリアリティに欠けるかも知れませんが、怪獣映画らしさは数段上では?お子達立上がって見ていましたもの、大人が考えた子供だましには子供って騙されません。

 ただ1つ残念に思ったのは、怪獣の戦いを任せきりで人間が直接戦おうとするシーンが無かったことです、自衛隊はどうした!税金返せ~(人´∀`).:*・ ナーンチャッテ

 g-monさん、こんばんは。
 私は「小さな勇者たち」をまだ見ていません。舞台になっている志摩市に住んでいるため、気にはなっているのですが(^_^;
 確か、志摩マリンランド(水族館、展示内容はやや学術に振っているように思います)に、映画に出演したカメがいたかと思います。

Take@志摩さん コンニチハ
 「小さな勇者たち」私は面白かったけどチョコット勇気が入りますよ。レイトショーに掛かるような時間なら良いのだけどお子向けなので上映時間帯が早い、子供連れが多いなど障害がイッパイあります。それでも君はその戦いに勝残ってガメラに出会うことが出来るか!ナーンチャッテ(*´▽`*)
 舞台は、志摩市だったんですか、とても良いところそうですね、志摩マリンランドでオフ会が出来たら良いですね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する