FC2ブログ

面白い本

先日興味本位で購入した
「もっとわかるアニメビジネス」
を読み、

その前にたまたま読んでいた
「ディズニー7つの法則」
にあったクオリティーの高さを支える重要なコアがアニメ(CG)映画製作配給会社ピクサー(トイ・ストーリ、バグズ・ライフ、モンスターズ・インク、ファイティング・ニモ、ミスター・インクレデブルを次々と配給、各作品は大ヒットだけでなくディズニーの新しい顔となる)にあることを知り

そのピクサー個人筆頭株主は以前勉強の為に読んだ
「スティーブ・ジョブズ脅威のプレゼン」
の主人公その人スティーブ・ジョブズでありアップルでの年収が1ドルなのは有名な話ですがピクサーでも年収52ドルであり逆に十年という長い年月資金を出し続けトイ・ストーリ完成と共に負債を背負っている会社を上場し一気に巨額の資金を手に入れ軌道に乗せたとあります。

と言ったように(他にもあるのですが)軽い気持ちで読んだこの本で次々と今まで学んだある意味断片的知識が底辺や裏側で繋がり厚みを持ちその全容とまではいかないが外側がボンヤリ見えて来た(ような気がする 笑)。

全然関係ない話なんだけど「少年ジャンプ」にハンターハンターと言うマンガがあり連載マンガの筈なのに月1回乗るか乗らないか時には手抜き?と思える書き方であったりして読者をバカにしている?とも思うのだけど面白くて何となくそのペースでもいいかと思ってしまっています。全然関係ない話なんだけどこれはどこかで繋がっていると思います。

このところ連載中、逆に心配に(笑

本は面白いです。面白い本に出会うと脳みそがシビレル。
(g-mon にとっては資本論もマンガも同じ本 笑)
コメント

歴史の本に載ってる人物は、遠い過去のひとだけど、ジョブスやゲイツは、まさに同じ頃、同じような世界に居た生身の人物ですよね
私がゲイツなれなかったのは、とても残念ですけど(笑

ジョブスは、あれだけ波乱万丈な人生を歩んできて、やりたいことをやって、思い残すことはないんじゃないでしょうか?

きみゅさんそれこそカリスマですよね

やはり科学の世界では「アルベルト・アインシュタイン」さんがピカ1だと思うのですがそれとてももう少しで同じ時間を生きた者同士になります。
この差ですが正規分布で言えば我々は限りなく中間に近い?もしかしたら負の方に近いかもしれませんね(汗)

ゲイツさんジョブズさんには教務を持てるものがあってそこから未来が描けたのだと思います。私は今ある仕事で四苦八苦、未練タラタラで死ぬのでしょうか?なので死なないことにしておきます。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する