FC2ブログ

怖がってばかりも居られない。

台風凄かったですねー!こちら東京八王子は相方が退社時前後がもっとも酷かったのでは?鉄筋3階建てのビルが揺れたように感じれました。車で送りましたが運転もおー怖!!皆さんは、被害大丈夫でしたか?

g-mon 達の旅行は前後を台風に挟まれましたが傘を出す必要も無くお蔭様でしたが大雨や強風に煽られたり台風のニュースを聞くだけで何時も以上にピリピリしてしまうのは大震災での津波や被爆から避難している方々の映像を見たからでしょう。

それだからと言う訳でも無いのですが旅行で最初に行ったのは「中部電力浜岡原子力館」浜松に行く時の燃費ロードですので何度も横を通って気になっていたのですが訪れたのは今回が初めてです。

新エネルギーホール

施設は大きく分けて原子力館と新エネルギーホールに郷土展ホールとお庭に売店(簡単な食事が取れます)ご自慢は大パノラマのオムニマックスシアターと海抜63mからの絶景展望台でしょうか?シアターでは30分程の地球環境に優しいがテーマのお話が見れます。そしてエレベーターに乗り込むと実物大原子炉模型を見ながら展望台へ上る事が出来ます。

浜岡原発

景色は素晴らしいものでした。こちら原子炉側は母屋が5基そして間近には波やや高いですが穏やかな海なのです。それでも案内にあった5層に守られているはずの最後の層、母屋が吹き飛んでしまったと考えるとやはり心は穏やかと言う訳には行きませんでした。

海岸に並ぶ風車

展望台反対側を覗くと風車が1つ2つ3・・たーくさん♪1年前には数基だったのですが何時の間にこれほど増えたのでしょう?風車の羽も鳥や音などの問題もあるようですが久々に見るこれまた絶景に近くをプリウスで走れるのだろうか?と次回の宿題です。

制御室模型

ウランやプルトニウムと言う物質は自然界にあり子供の頃に見たマンガ、アトムは科学の夢でしたが原子力の危険性は今回の事故で改めて確認する事が出来ました。火薬の発明は武器としての使用を止める事が出来ませんでしたし工場での爆発は今も起こっています。ではどうすれば良いのか?

誰かの利益に結びつかない科学は進みませんし研究期間もどんどん短く早くと急がされていますが軍事や覚束無い技術での稼動に付き合わされるのは御免です。今回の事故を教訓に世界的な核に対する枠組みと国内での開かれた正直な議論とそして怖がるだけでなく核について自分で学ぶ事(「中部電力浜岡原子力館」のやや洗脳的な広報からも)それがとても大切なように思われました。
コメント

凄い台風でしたね~
でも、旅行は天気に恵まれて良かったね♪
普段の行いが良かったから?

原発は柏崎しか行った事ないけど、この時期あまり行きたくない場所・・・だって反原発派だから(^▽^;)

マリウスさん ありがとうございます。

>反原発派だから(^▽^;)

私は中間かな、直ぐに止めれないなら今出来る限りの安全対策と今後の指針を示して欲しい。
1番は、火力発電所並みの安全性確保なので技術的な開発が必要だけど時間は掛かりますよね、なら今は私も基本反原発(ソフトランディング希望)派です。

私も中間派です
今回の事故だけを取って大騒ぎしているにわか反対派や、代替策や自分たちの生活の見直しを考えずに反対している人たちには同調できません

今回の件では、国、企業、大学の癒着や問題点が多数表面化しました
一過のことにしないで長期にわたり体制を監視し続け、「問題を問題と言える」環境を作っていくことが大切だと思います

バイオ燃料が効率よく抽出できる沖縄の藻とかの研究も本格的に始まったらしいです
メタンハイドレードや、尖閣付近の海底資源など多角的に新エネルギーを模索しつつ、これらが実用化するまでは、より安全に配慮して原子力を使い続けるべきだと思っています

きみゅさん ありがとうございます。

ごきみゅさんご指摘のように
・自分達の利害だけを優先し真実を歪めるのが歴史的常識
・多くの人は問題を問題として長期間考えの中に留めて置く事が出来ない
・贅沢の味を覚えてしまうとタバコと同じでなかなか元に戻れない
は真実だと思います。

それを知った上で、きみゅさんのように
・将来はコウあるべきだ
・だが現実はこうなのだ
・今はここまで出来る
・それを確実に実行し
・さらに未来のために
・一歩づつ正しい方向に向う
・事を信じ(見届け)よう
と考える事を私も大切にしたいと思います。

勉強になりました。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する