FC2ブログ

未来

マザーボードの取り付けが悪く修理交換をお願いしました。
デスクトップパソコンと言ってもクアッドコア3.3G、Windows7P、64ビット、メモリ8G(最大16G)、デュアルモニタその他もろもろ最高スペック付けて15万円を切るのですから・・世の中変わりすぎ。

1枚幾らなんだろう?

今回驚いたのは、CPU再起動時の設定にRAID構成が選択できるようになっていた事!ハーデディスクの取付スペースも確保されているのでやろうと思えばハードディスク故障時に動作させながら交換が出来るかもしれません。

小型なので結構ギッシリ

嫌がってはいたけどWindows7は結構いけている?何より安定性が良いように思いますがそれもこれも優秀なハードにCPUがあっての事。
この世界どこまで進むんだろう。取り合えず タッチパネルモニタを使って見る事にしたので届くのが楽しみです♪

あのー、マザーボードって未来都市みたいに見えません?
コメント

むか~し、昔、パソコンソフトで生計を立てるとき、PC9801DA2を買いました
周辺機器合わせて50万くらい?
その後、DOS/V機を一式70万円くらいで買いました
当時、グラフィックボードだけで10万円でしたからね
ハードの性能は電卓からスーパーコンピュータくらい進化したはずなのに、体感スピードが上がってないのは、その分、ソフトが重くなっているんですね

きみゅさん ソフトで生計とは凄いことですね!

1つの時代を気付いた方々のお仲間ですね♪
私はHDに興味を持ちZ80のI/Oに自作基板を接続し生産設備を作るのが楽しかった頃だと思います。
遊びだけで生計を立てようなんで思いもよらなかったな・・

OSの完成度は十分だと思われるのですがまだまだ必要な処理があうのでしょう。
その辺の戦略的構想を聞いてみたいとは思うけど、キット私にはチンプンカンプンなんでしょうね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する