FC2ブログ

ラッキー

g-mon の勤める会社の購買係へ派遣で働いてくれていた女性2名を契約社員の形で再雇用させて頂きました。
それに伴って仕事の見直しが掛けられ g-mon にもお呼びがかかりインタビューさせて頂いたのですがこれが凄いのです。

何が凄いって、たった数年の間に
・毎日注文取りに来てくれる業者さんが今日はまだ来ていない
・この部品は前回手配時に納期遅れになった
・ここの購買先は、午前中しか注文を受け付けない
 だから、なになにをしなくてはいけない!
と言った、それはもう大変なノウハウを蓄積しているのです。

そして g-mon は、今それら一つ一つのプロセスを自然な形で処理し記録として情報を残せるよう教わっているところです。

教えてくれている時の彼女達は普段見る顔より輝いているように感じれます。
これだけ素晴らしい能力を人に話すのは気持ちが良いものだと思いますし、こう言った能力を持った方は、仕事の整理をお手伝いすると、どんどん次の改善を始められるのでその魅力が枯れることもありません。

会社が残って欲しいと思った気持ちわかります。
そして、こんな方達と一緒に仕事が出来るのは、システム屋にとって最高にラッキーなことなんだと思います。
コメント

システム屋は、こういうノウハウをシステムに取り込みたくなるんです
その結果、達人が休んでも業務に支障が出なくなり・・・
いつの間にか達人が不要になり、人が職場から追い出されていく・・・(ーー;)
システム作りは、人が働ける場所を創出することと同時にやらないと不幸になります

きみゅさん ありがとうございます

今回のは、納期管理を「自分達でもっとキチットやりたい、その為に要因を整理する仕組みを作れないか」との呼びかけから始まっています。

結果ちょっと大変ですが仕事の内容が「作業する」から「考える」にシフトして行く訳ですが、向き不向きがあるのも事実です。
でも、彼女達には十分時間があるからキットものにしてくれると信じて応援して行こうと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する