FC2ブログ

先輩

 昨日大先輩が「会社のメイン製品における基礎解析資料がまとまったから」とほんの数ページの資料を持ってきてくれました。感謝しつつもペラペラと捲れば「空間における分子力学・・ピラの空間における熱伝達・・細管にての・・」スタートは何時ものボイルシャルルの法則ですが、途中の計算がどうにもややこしくて、この前に頂いたのなんてたった3ページなのに半月も掛けて解きました、算数(数学ではない)苦手です(ー'`ー;)。
 考えて見ればなにも知らない私に、この会社は色々な事を教えてくれました。経理志望で入ってまもなく新製品の販売にタッチして半田付けやら回路の点検などをイキナリ指示された時も、技術部の先輩が遊び感覚で半田付けや回路の読み方を教えてくれた(この方オーデオ会社起業しシッカリ潰して移られてきました)。その先輩の友達の家に泊り込むようになり徹夜でワンボードパソコンを製作したり(もちろん私は助手)プログラムを入力したりで、楽し?って思ってるうちに(不思議と難しいとは1度も思わないで)電子回路の基礎を覚えてしまったです。

 たぶんですが私この会社で1番授業料払ってもらってるんじゃないでしょうか?電子回路、プラント設計、コストマネージメント、品質管理、Z80、その他もろもろを毎年受けさせてもらてました。一生かかっても返せないくらいお世話になった初代社長さんは、どう思っていたんだろう?話す機会は少なかったし、その頃の私はまだまだ尖っていたし。でも、私がお金を沢山使っていたのは知っていたと思う、何も言われなかったけど。

 でも、私だけじゃないんです、そんなふうに時間を沢山貰った人たちって。どう言ったら良いのか分かりませんが不思議な会社です。自分のアイデアで会社の中に別会社のようなの作ってしまった人がいたり。ある日突然誰にも出来ない仕事を回され数年でやり遂げ退職しつつその仕事をさらに開発、指導している人がいたり。専門家がやっても難しいISO導入を独学で学び会社全体の方向性を変えてしまう人がいたり。まだまだ沢山・・もちろん全員が全員なにかしらにチャレンジしだすと言う訳ではないのですが後にして思えば必要な時に必要な事に対し誰かしらがチャレンジを始、自力で道を切り開き会社の標準にしています。自由と言うかいい加減と言うか不思議な会社です。あえて言えば、そんな社風の会社なんでしょう。

 もしも私の後輩達が詰まらなそうに不安そうに仕事をしていたら私も声を掛けて見る事にしています。笑ってくれる時もあるし緊張してる時もあるし時に「g-monさんは、何をしてるんですか?」なんて興味を持ってくれる人もいます。そこから、何かが始まるかも知れません、だったら嬉しいな。
研修室の先輩

 その前に、この理論を解かねば・・先輩助けて?
コメント

今頃、楽しい飲み会かな?!

g-monさんの会社って、とても和やかと言うか部下も伸び伸び出来そうな会社ですね(良いな~~イイネ |ー^)b
でも、勉強もしなきゃいけないのね~(ガンバッ
人生一生勉強だ!って誰が言ったのでしたっけ??

マリウス@8M6 さん コンバンハ

仕事を必要としている私にとって
私は会社に私は必要かも?と思わせてもらえるなら
それはとても幸せかな。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する