明日は明日の風が吹く

 どうも行けません、このところ年下の方より怒られたり責められたりが続いています。まあ、g-mon そこそこの歳ですし、常識のあるなしに歳も男女も関係は無いのですが。

 考え方には、その人その人の偏りがあります。また正しい、誤っている、の基準も人それぞれです。ですから、これが正しいと決めつけたり、自分一人で行動を決めるのも正しい選択とは、限りません。

 人の話に、人の言葉に、人の行動に、関心を持ち目を耳をそちらに向け自身の行動を正す。結果は、どうでもいい事なんだと思います。何よりも、そんな自分を楽しむ事が多少の進歩に繋がります。

 やっぱり、g-mon は、恵まれているなー、と感じます。ありがとう、みんな。
 

スノータイヤ装着

 スノータイヤを新調しました。X-ICE XI 3 最新モデルなのですが、今後発売予定なし更にはロット番号は一時代前のもの更に更に頼んであったホイールが間に合わないと言うハプニング付。

xic3_2016

 このタイヤ、グリップいいです。流石に純正ノーマルECOPIA EP133にはやや負けるものの(最後の一伸びが弱い)かなり転がります。タイヤの排水もよくスリップにも強いそうです。

xic3_2016宮ケ瀬

 お約束の宮ケ瀬、あいにくのお天気ですが雪が降っても大丈夫?過信は禁物ですね。でも、これでこの冬も乗り越えられそうです。後は、専用工具が届かず逃した点検ですね。いろいろ楽しい車です。
   

猿には成りたくない人へ

 ドラッカーさんは、こういわれています。

「信頼するということは、リーダーを好きになることではない。常に同意できるものでもない。リーダーの言うことが真意であると確信をもてることである。それは、真摯というまことに古くさいものに対する確信である。」

 また上長やマネージャーのポジションにつけてはいけない人については、こういわれています。

(1)「強みより弱みに目を向ける者をマネージャーに任命してはならない」
(2)「何がただしいかよりも、誰が正しいかに関心を持つ者をマネージャーに任命してはならない」
(3)「真摯さよりも頭の良さを重視する者をマネージャーに任命してはならない」

 人は、ほとんど無知な存在だと思います。無知ですから「何がただしいか」が見えずに誤った情報で判断することが多いのも事実です。

 だからこそ人は、長い時間を掛けて単純に物事を判断せず、現場で現物を見て現実を知る必要があることを学んだのです。

 会社は人です。その知識、能力、絆です。もし、あなたが猿に成りたくなく、人でいたいのであれば、自分をそして人を大切にしてください。

 その方法は、1つ。自分自身の見る力を鍛えるのです。自分を見つめる力、状況を見つめる力、そして仲間を見つめる力、その見る力でギャップを理解し必要な知識や能力を身に着けてください。

 思うに、それしか猿から脱する方法は無いと思われます。(真摯:まじめで、ひたむきなさま。)
 

恐怖の猿部長

 世の中には、まだ人間になっていない猿がうようよいる。g-mon の知っている、とある部長たちも猿だ。

 猿は課長に言う「お前に任せた!」課長は、分からないなりに意気に感じて部長のために働く、そして。

 ある日、課の会議に猿部長が現れる。会議室の端っこで腕組みをして聞いている。顔が段々と赤くなる。

 そして猿部長は吠える「おれは、そんな話は聞いてないぞ」「おまえは何を言ってるんだ全然だめだ」と。

 猿部長の下で育った課長は、可哀そうに猿課長にしか育たない。そして係長に言う「お前に任せた」と。

 勤める会社の総務部長に聞いた「任せた会議に出られますか?」「出ないよ、それが掟だから」掟だ!。

 私たちは、まだまだ人間までには、なれていない。でも、掟と言うルールを使えるぐらいには、成れたから

 今任せ始めた次の世代は、もう少し先に進めるだろう。そして、何時か心の通った人間の集団に成れる。
 

心配事がある時には

 11月だと言うのに雪!54年ぶりと言われる24日の雪に対し g-mon が東京トヨペットさんに頼んだスノータイヤ装着日は、26日 ・・ 人生なんてそんなモノです。グッスン。

 人は、どうなるのか分からない先の事を心配します。余程の事が無い限り起らない事でも心配します。逆に心配しても逃れられない事もあります。なら、心配するだけ損です。

 心配な時にこそ「今を楽しむ」、その瞬間瞬間にどのような行動を取るかでその先の気持ちが少し変化します。良いも悪いも成るようにしかならないのだからそれが正解です。

 どんな環境にあったとしても「今を楽しんでいる」人の周りには、人が集まります。人は人を暖かくします。良かった、雪は積もりませんでした。あーあ、心配して損した~。(笑
 

お仕事への向かい方

 会社の事務机を貸し出すために中にあるものを出しました。手で持ち上げられる段ボールに1箱でした。棚にある本を除けば、g-mon の持ち物ってこの程度なんだ、と改めて知りました。

 もしコンピューターが無かったら、キット書類の山なんだと思います。それも随分と上手に探さないと見つからない、下手に片付けでもすれば、もう一度必要になっても見つからないかも。

 コンピューターには、検索機能があります。ザックリと分類しておけば、何とか探せます。比較的多く使うようでしたらカテゴリ分けして文書登録しておく、と言う手も使えます。便利です。

 そう、結局のところ、その書類を手にした時点で、将来の事や使う目的などを考え、ひと手間かけて整理しておく。コンピューターを使っても、これは変わらないんですよね。大事です。

 何でもそう、その瞬間だけでなく前後を読み解く訓練、さて、今日も始めますか。
 
 

変えてくれる仲間達

 何時もは、皆におまかせの会議を訳ありで g-mon が進行する事になり、スピーチの練習を何時もの会合主催メンバーと行った。

 不思議な事に、話している内容がメンバーに伝わっている気がした。先日の講演もそうなんだが、今までとは何かが違う気がする。

 g-mon には、伝えたい事がある。ただ伝えたい事には、奥行きも幅も未来もあり量も膨大、思いのままに話したら混乱させるだけ。(追記:少し大げさだったかも知れません、汗)

 そうか、メンバーが長い間その訳の分からない話に付き合ってくれ、飽きもせず「それは、どういう事」とか「それじゃ分からない」とか指摘し続けてくれたから、今やっとメンバーに伝わる話が出来るように成ったのかも知れない。

 伝えたい事に興味の無い人に話をしても伝わらない。先日の講演も話の内容に興味がある人に興味のある話をしたから伝わった。

 相手の状態に合わせて今、伝わる内容を伝わりやすいように整理し、伝わる速度で話す。少し上手くなった気がする。少しだけ。
 

マネージメントの難しさを考える

 マネージメントとマネージメント手法が違うのは言わずもがな、なのですが時々ゴッチャになっているなぁ。と思う時があります。

 例えば、よく聞くERPやISO、QMSなどと言ったものは、全てツールですので手法と言う事になります。ところが、これの導入自体が目的・目標に成ってしまうのですから、少し変ですね。

 ISO,QMSは、企業が何のためにどこに向かうのかを整理し運用するためのツールと言えます。したがって、そもそものビジョン、この会社が何を達成すべきかが無くてはなりません。そしてその思いを隅々までに行き渡せる考え方、手法がQMSです。

 行動すれば当然、結果が出るわけですが、もし、それを集計したり比較する効果より継続の手間が大きければ、続かないことになりま。それを解消するのがERPです。何も高価なアプリでなくても大丈夫、上手く会社の仕事にコンピュータをなじませる事で継続が保たれます。

 本当に、様々なマネージメント手法は、よく考えられていて面白いと思います。ただ、繰り返しになりますが、マネージメントにもっとも大切なものは、人、人の思いなんだと思います。
 

おじいちゃんとしてのイメージ トレーニング

 日曜日のドライブは、快適でした。そうそう、日曜朝遅くに起き出して家の周りを散歩、土日仕事が当たり前が長く続いていましたので新鮮な気分、連れ回してくれた、ぽぽさん(娘)に感謝です。

 ドライブの先は、ぽぽさんのお友達宅、都会も都会、文京区小石川、静かな住宅街に「TOYOTA MIRAI」映えます。道行く人が「あ、MIRAI、あれ水素で走るんだぜ」などと漏れ聞こえ嬉しいです。

ペコちゃん20161120

 お土産は、FUJIYAさん。と言ってもちょっと変わっていて、ここオリジナルのお菓子、ケーキが中心、中でコーヒーなどでくつろぐスペースもあって素敵。でもペコちゃん、いいですよねー。

ペコちゃん20161120

 お友達のところは、おこさん2人、1人は生後間もなくで首が座ったところ、ちょー可愛かったけど触るのがやっと、だっこはできなかったなー。頑張ってイメージトレーニングしなきゃ、と思った帰路でした。
 

未来の子供達へ渡すもの

 今週土日は、自宅で仕事&ぽぽさん(娘)のお供と相成りました。そうなんです、年末から年始にかけて孫が生まれる予定なのです。

 土曜日は、ベビーベットを購入に、そして日曜日には、ぽぽさんの友人が使っていたベビー用品を譲ってくれると言う事で「TOYOTA MIRAI」大活躍。

 なんですが、こんな時に限って会社近くの水素ステーションは、法令点検のため1月休業、23kmと少し遠いのですが土曜日に営業している横浜旭水素ステーションさんへお邪魔しました。

横浜旭水素ステーション2016_11_19

 ちょうど水素トレーラーで水素を追加中でした。基本ガソリンスタンドと同じですね。もうすこし車が増えてくれたら、と運転手さんと少しだけ話せ、幾つか様子もお聞きできました。

走行可能距離2016_11_19

 嬉しいのは、この水素ステーションは、82MPaまで充填してくれる事、何時もの八王子高倉水素ステーションさんは今の所70MPaまで、その差によって航続距離が100kmも違ってしまいます。

 実際には、もう少し高い圧まで充填可能らしいのですが、これからいろいろな可能性を秘め実験段階とも言える「TOYOTA MIRAI」今日も娘を乗せて気持ちよく走ってくれると思います。
 

嫌われる恐怖

 嫌われる勇気と言う本があります。簡単に言えば、人は周りの人に影響され苦しんだり悩んだりする。だから周りを気にするな。そのための考え方を教えてくれる本です。

 周りを気にするな、と言うのは自分勝手に生きろと言う事とは、違います。過去に囚われずに自由に考え、未来に夢を託し今を頑張る。結果、色々の事の見え方が変わる。

 なかなか柵からは抜けられず失敗も多いのですが、お蔭様で随分と今、何をやるべきかを本から学べました。結果に繋がらない場合もあるのですが、達成感はあります。

 誰だって嫌われるのは好きではありません。でも、念力で人の気持ちは代えられないのです。代えられるとしたらどのような行動を今するか、なかなか良い本だと思います。
  

仕事の常識、非常識

 少し考えました。もし、仕事を任せて頂けるなら、目的・目標達成のためには、どんな項目が必要なのかを。上がったのは次の5項目でした。

「①権限②責任③報酬④環境⑤支援」

 各項目は事の大小によって大きさが違いますがどんなに小さな課題(目標)でも、必須項目です。

 逆に言えば、これら無で事に当たり、それが出来上がったとしても、それは張りぼて、砂で作った城でしかありません。何故ならば、それは組織の総意とは言えないからです。

 また1つ会社の仕組みで面白い事実を知ってしまいました。設備を導入する基準が無いのです。何で評価するを知らないのです。お偉い方に説明しました。「当たり前の事です」と受け入れて頂けました。

 キット、仕事を任せるのにどのような項目が必要なのかも知らないのでしょう。設備の導入基準を理解して頂くのに半年かかりました。仕事を任せるについては、無理かな?時間が足りないかも知れません。
 

余計な、しがらみ

 総務の若い方が設備投資の効果を知りたく設備投入前に作業をしていた現場担当者の所へ出向いたところ、早々に追い返されたとの事、だろうな、と思いました。

 1つには、数千万円もする設備導入時に現場担当者に相談無くノウハウだけは、仕事だから喋れと言った姿勢で事に入られた事。(はい、未だまともに動いてません)

 2つは、危険だからと作業着の新調を頼みに行ったところ、訳も聞かれずダメ出しされた事。(上司に相談すれば良かったのですが自由な方なので)

 などの恨みつらみがあり、更にその方、そろそろ退職ですから怖いものなしです。

 しかたがないので、総務部長と一緒にインタビューに行ってきました。仰る事を聴いて、今後少しづつも改善するとお約束し、笑顔でいろいろな事に応えて頂く事が出来ました。

 会社ですから指示に従え!で宜しいと思います。が、今の若い方は、それだけではパフォーマンスを発揮してくれないのではないでしょうか?相手の立場になって対応する礼儀、今も昔も変わらないと思います。 
 

思い通りに行動する人

 先日、他部署の比較的若い人が「Aさんに、Bさんより私は変わっていないよね」と聞かれ「同じぐらい変わっている」と話したと教えてくれました。「では、g-monは?」と聞くと「変わってる」と即答でした。

 答えてくれた方の基準を聞くと「自分の思い通りに行動している」だそうです。AさんやBさんとは、違うと思っていたのですが、その見方なら頷けます。さて、ABCトンガったどうし、どう絡みましょう。(笑

 話変わって

 新人君、作った資料が「分かりやすくなった」と言われ嬉しそうでした。1つ前の資料は、報告相談なしでリリースしてしまい少々怒られましたが、そう、これでまた1つ仕事の進め方を覚えたわけです。

 頑張っている時には、周りもなかなか見れず失敗もあるのですが、今回は、その失敗を受けアドバイスを的確に理解し自分なりの工夫も盛り込んで事に当たれました。打たれ強くもなったと思います。

 どんどんトンガって行きます。(爆
 

苦手を克服できるか

 必ずしも正しいとも限らないのですが「この本のここに書かれています。」と紹介すると大概の人が g-mon の言葉を信じてくれます。逆にどんなに熱弁しても理解してくれようとしないのが一般的です。

 g-mon は読みたい本、参考に成るであろう本を選んでいます。と言う事は、その時点で真実はゆがめられているのかも知れません。本を選んだ段階で g-mon フィルターを通してある事は、事実です。

 では、どうするのか?g-mon の話がなかなか伝わらないように、それ以外の情報の本を読んだり話を聴いたりするしか方法は無いのだと思います。聞きたくないは、g-mon の話を聞かされる側も同じ。

 せめて小さな会社の中でしたら、そのような場を作る努力をしましょう。こちらの話をするのではなく相手の話を聴きましょう。苦手であってもこちらから声を掛け、得意の話をしてもらう。頑張れよ、俺。
  

気の長い根回し作業

 結局人のする事です、何かを成し遂げようとすると多くの調整作業が必要になってきます。昔は、その作業が嫌いでした。何故かと言うと当たり前の事を行うのに何故説明がいるのか?と思うからです。

 多くの場合、説明が終われば皆さん「何故今までやらなかった」位の事を仰います。が、説明しなければ、1つも理解していない、考えの外の世界、そもそも何故ご自身で始めないのか、不思議です。

 ここ数年、人と言うのは、そう言うものなのだと理解し出しました。そう、人の考え気持ちなどは、言葉や行動にしっかり表さない限り伝わる事は奇跡に近いものなのです。だから調整作業は必要です。

 この調整作業、内容によって掛かる時間が違います。数日で済むものから計画を立て数年かかる、数年では済まないものまであります。結果、自然と気が長くなります。短気なりに辛抱強く成りました。
 

予防を考える

 予約を入れていたからでしょうか、問診票に記入と待ち時間もいれて、ものの20分程度で終わりました。インフルエンザの予防接種です。ええ、生まれて始めてでした。

 やってみれば簡単、確かに時間を作るのは、難しいですが土曜日の午前中だけなら何とかなります。毎年風邪気味にはなり時には悪化するのですから予防は大切です。

 キット予防処置を見逃している事って沢山あるんでしょうね。自分に対する驕りからでしょうか?単に頭が回らないだけのような気がします。気付かせてくれるのは、だれ?

 思うのは、先輩、同僚では無く後輩達によって予防を気付かされている事実。まだ経験が浅い彼らが躓く事を予測して手を打つ。自分の事では、ダメなのかもしれませんね。

 今回は、次の命のためにかな?出来る事をしなくては、と思わせてくれました。
 
  

YESマン

 昨日のミーティングで予定通りバッファ(予備日)に当初の計画が食い込む事が分かりました。今、手を打てば1週間の遅れで済みますが、手を打たなければ、バッファを全て食い尽くしても計画は、達成されないでしょう。

 少し前、リソースの確保の約束を守って頂けるよう上司の方に連絡を入れましたが「話し合いましょう」との事、状況が呑みこめていないようです。当然です、最重要項目に向き合わず、YESマンに成りきってるのですから。

 会社では、言われた事を価値判断せず「YES」と引き受ける方が重宝されます。そして「出来ました」と報告された内容を吟味もせずに「ご苦労様」と褒め称えます。出来上がったものは、張りぼて、直ぐにボロが出るのに。

 5年とは、言いません、せめて1年先の事を考えながら今の行動を決めて欲しい。そうすれば、何でもかんでも「YES」と言えない事に気付くと思います、今の事しか考えていない事に気付くと思います。さて、神に祈りましょう。
 
 追記:心配していましたが、神にお願いが届いたようです。完璧でなくとも発展途中の仲間を信じないといけませんでした。それ以前に、どうも最近グチが多いようです。自分を小さくしてしまうから、気を付けなくては、ですね。
 

ずっと先の事

 今日、ひざ掛けを渡されました。そう、車に乗った時の暖房です。「TOYOTA MIRAI」にもシートヒータ全席(と言っても4席)とハンドルヒーターが付いていますのでひざ掛けがあれば完璧でしょう。

 早いですねー、11月も中間に近づいています。もう、今年出来る事は、ハッキリしていますので来年のための調査や根回し計画固めに入ってます。計画を立てるから1年がより速いんですかね?

 皆さんは、計画を立てる時には、どのように始めますか?g-mon は調査や根回しの前に15年後、10年後、5年後のイメージを作ります。そこからギャップとギャップを埋める手順を構築しています。

 社長は「この会社を100年続く会社にする」と仰っています。もちろん100年立った時のイメージが御有りなのでしょう。g-mon は、今の所30年先止まりです。50年後の世界は、どうなってるんでしょうね。
 

1仕事後の充実感

 昨日は、久しぶりにノーツコンソーシアムさんで1コマ頂き講演をさせて頂きました。広い会場でしたがお客様はさほど多くなく随分とフレンドリーな感じ、質問も頂けましたし笑いも取れました。講演後もお話に来てくださるお客様が何名か、嬉しかったです。

 話させて頂いたのは、会社の商品紹介とNotes/Dominoの導入事例、そして g-mon の夢。Notesは、あくまで道具なんですが使い方を覚えるとなかなか手放せない道具に成ります。人員も増えたし同僚も協力的、キット夢は叶うのだと今は確信しています。

 本当は、その後も別の方の講演などをお聞きし懇親会にも参加したかったのですが、ぽぽさん(娘)も帰って来ている事だし、momoさん(嫁)にばかり何時も家のお仕事を任せきりするのも忍びなく、登記の手続きに法務局へ、こっちの方が緊張したかも。

 感じていたより緊張していたのかも知れません、グッスリ眠れました。何時も引き受けて「失敗した」と思う g-mon ですが終わってみれば、それなりの満足感があります。さて、今日も大きな会議が2つ、資料は、まだ揃ってません。今日も1日楽しそうです。
 

本日の楽しみは

 通勤途中のゴルフ場に入って行く「TOYOTA MIRAI」を見かけました。リアのトランクには、ゴルフバック2個が入りますが決して広くはありません。少し寒いですが良いスコアが出るといいな、と思います。

 明日11月9日から12月5日まで、何時もお昼休みに充填させて頂いている水素ステーションが点検のためお休みとなります。これを理由に g-mon も土日休業にすれば少しは長持ちしますが1月は厳しい。

 調べると片道30km程度の所に土曜日営業の水素ステーションが2店舗、ドライブがてら行くようでしょう。と言うわけで仕事を少しの間でもサボル理由があるので、g-mon 何だか楽しくなってくるわけです。

 さて、そんな訳ですから今日の充填でも、お仲間に合える確率が高くなると思います。不思議ですよねー約5か月1台もすれ違わなかった「TOYOTA MIRAI」が、1度合ってしまえば、次から次と出会えます。
 

不公平な会社

 仕事の中で何かの役割をお願いするとすれば、仕事本位、論理的に行動出来る人を選ぶ。ただ、学校を卒業しただけでは、技術は持っていても技能が磨かれておらず、技能を磨くためには良い目標と考え方を指導してくれる先輩が必要になる。

 良い目標と良い先輩の指導があって、初めて仕事本位、論理的に行動出来る人に成る事が出来る。(もちろん自力で手に入れる方もおられますが多くは無い)問題は、本人の資質以前に全ての人に良い目標と良い先輩を用意できない事にある。

 目標も先輩方も会社にとっては資産であり有限であるため必然的にメンドクサクない(手間のかからない)人を優先的に対応する事に成る。その選択肢には、相性や役割の将来的欠員、新しい目標の設定など多分に運みたいなものが含まれます。

 せめて小さな会社の中では、全ての人に均等に同じ機会を渡したいと思うのも自然の発想ではないでしょうか?では、どうするべきか?結論から言えば時を待つしかありません。チャンスを得た方が次を育てその輪が全社隅々まで広がるのを待つ。

 全ての社員が良い目標を持ち技術・技能の連鎖があり横展開が当り前の会社であれば、良い新人を向かい入れ全ての方に良い目標と良い先輩が付く事も夢では無い。それが g-mon の目指す一流企業の姿です。夢は、諦めなければ叶います。
 

朝からカレーうどん

 昨日の朝食は、何時もの「すき家まぜのっけ朝食」だったの今朝は「カレー佐貫うどん」6時から開いているので助かります。

朝からカレーうどん2玉20161105

 休日の昼休みに歩いて伺ったことが3度、でも無口なご主人の印象には無かったようです。それが、今朝は「TOYOTA MIRAI」を駐車場に入れたせいで「初めて見た」と話しかけて頂けました。

 白のエステマを大事に乗ってらっしゃる、ご主人、車好きなんですね。随分と色々尋ねられ、よろこんで頂けましたが、頼んだうどんがなかなか出てこない。話が楽しかったから良いとしましょう。

 ここ数年は、とくに仕事ばかりなので、気分を良くして今日の帰りは、いくらか早く上がり遠回りをして帰ろうかと思います。たまの少しのドライブなら、バチもあたらないでしょうから、宮ケ瀬かな。
 

機嫌の良い朝

 多分曇り空、朝早く裏道の信号は点滅です。MIRAIのライトに照らされる木々は、紅葉が始まっています。どんな時でも、お気に入りの曲と車を運転してさえいれば、g-mon ご機嫌です。

 実は、週明けに行う講演の原稿作りに着手していません。構想は、なんとなくなのですが、はたして面白いのか?集まる方々の目的とは違うかもしれませんが、話したい事を話したい。

 追いつめられるのは、当然好きではないのですが、何時も考えをこねくり回しこねくり回ししているうちに時間が過ぎ慌てて形にする。それの繰り返し、成長が無いなと自分でも思います。

 今日流している曲は、We Are Young SOME NIGHTS。歌詞、悲しい事に、わかんないんですよね、まったく。でも、いい曲です。元気になる。元気になれば考えもまとまる、g-mon 気分上々です。
 

ストレスチェックを受けてみて

 インターネット調査のストレスチェックなるものを受けてみました。調査結果は、先なんですが回答をしながら g-mon は、ムッチャ忙しい割には、ストレスはそれほどないのかな?と言う感じを受けました。

 理由は、会社の目指す漠然とした方向性に対し考え組み立て仲間達と話し合い、結論を出し一緒に行動を共にしてくれるメンバーと着実に歩んでいる実感があるからだとチェック項目から気付きました。

 今日は、山高く積みあがっている細かい処理を行い、明日は、少しややこしい調査を行い、明後日は来週の資料作りに打ち込もうと思います。仕事を、やらされているのではなく自分でやっているのです。

 結果が良い時もあるし悪い時もあります。それでも歩き続けられれば、都度結果が出、評価を頂けなくても仲間が喜んでくれればモチベーションは保てますし何より自分自身に対し納得する事が出来ます。

 気の持ちよう物事の捉えよう、全ては、自分自身なんですよねぇ。いろいろな本を読んで、そんな風に考えられるように成った事が恵まれていると言う事なのだと思います。もう少し頑張れば余裕も出そうだし。
 

TOYOTA MIRAI 白の日

 今日は、お客さんを送った帰りに水素ステーションに寄ればいいやと、ズルして昼休みは何時もの散歩に出ました。そしたら南都!水素ステーションに向かうMirai白に遭遇!!わー、昼休み充填に行けば、会えたのにと残念、何と言ってもマイMirai納車後に白のMiraiを見るのが初めてですから。

納車後初の白遭遇20161102昼

 がっかりしていたのですが、予定通りお客さんをお送りした後に水素ステーションに立より充填していたら南都!白Miraiが後ろに付き充填待ち、嬉しかったです。早々おねだりして2ショットを「初めてなんです、白Miraiと遭遇は!」とお声を掛けたら「私もです」とニッコリ、スタッフの方も「今日は4台だ」とお喜び。

初の白2ショット!20161102三時

 夜は、momoさん(嫁)のインスタグラム?にイイネしてくださった方の所にMiraiが6台並んだ写真があると見せて貰いビックリ!場所は、海外のようです。外人のおじさんたちがMiraiを並べて笑ってました。そう言えば、間もなく「TOYOTA MIRAI」販売開始から2年になります。じりじりとでは、ありますが、水素社会 ・・ 来ますかね?来てほしいなー。
 

マネージメントで失敗しない方法

 何か物事を選択する場合、消去法を使います。思い付くだけの手立てを用意し実現性や費用、期間、継続性などから判断します。でも、大概の場合、答えは思い付いた手立ての外にあります。

 マネージメントには、幾つもの閃きが必要です。それこそ走りながら状況を把握しつつ新しいアイデアを生み出し小さく試しダメなら直ぐに次に上手く行ったらもう少し大きくし試すを繰り返します。

 失敗したくなければ多くの人の意見を聞くべきです。協力者を募り目的を継げお願いをし任せ全員で事に当たるのです。そのやり方は必ず失敗します。行動を起こさせるエンジンが弱いのです。

 やるからには、自分自身、たった一人で責任を負うべきです。責任の取り方は、ダメなら会社を辞めるなどでは無く、必ず成功する事です。犯罪に成らない正しい方法を使って全力で戦うのです。

 幾つもの成功者の事例を研究し本を読み講演を聞き自身のビジネスモデルに当てはめる。成功を信じて?大切なのは、成功事例の陰にある背景です、環境です、時代です。見えていますか?

 繰り返しに成りますが、答えは選択肢の外にあるのが普通です。立ち位置を代えましょう、常識を代えましょう、自分を疑い真実を心理を探しましょう。難しくは、ありません「冷静に見る」それだけです。
 

お客さま目線?

 以前、お客様が購入した製品の情報をwebで確認できるシステムを作ったところ「問い合わせを営業員が受けるから大切な接点が出来るんだよ」と諭されリリースに失敗しました。でも、それって会社目線なんじゃないかな?

 製品の基本ソフトを変えました。技術の要望で商品名を代えたいとの事、理由は分かるのですが、それこそこちらの都合。運よく営業から操作画面の操作性を上げたいとの要望有、渡りに船ですがお客様の声なのか?

 そもそもお客様の声をどうやって拾い上げる事が出来るのでしょうか?やはり、こちらが何らかのテーマを示し、それに対して具体的な行動(試してみる・購入する)を取ってくれるかどうかのデータを収集するべきでしょう。

 幸いな事に g-mon の会社の製品は、使用用途に最適な設定が選べ、お客様の商品は、少数多品種に向かっていますので、全てでは無いにしても分かりやすい操作性と外部からの切り替えは喜ばれると思います。

 それもやはり作る側の理論?証明しようと思えば敵は外部だけではなく内部にもいますから石頭にも分かるような論理とプレゼン力が必要となってきます。まったくもって企画と言う仕事は、面白い!好きです。