20年

JAFさんからのプレゼントが届きました。20年会員の記念ステッカーです。以前からこれが欲しかったんですが申し込み方法が分からなくて困っていたら今回JAFさんから送ってきてくれました、嬉しい。(10年会員のステッカーも欲しかった(涙)
JAF1

 読まれている方も多いとは思うのですが今月号のJAFMateに気になる記事があったので要点をご紹介します。題して「長距離ドライブの安全運転学」長距離運転が好きな私には必読?

?ドライバーの注意力は2時間しか続かない
「運転中にドライバーは常に緊張を強いられており、本人が思うよりずっと、心身ともに負担がかかっている。その状態で注意力を保てるのは2時間までと言われている」いいな?この言われていると言う表現、私も良く使います「だってTVがそう言ったんだもん」とかね(笑 
?注意力自己判断テスト
「運転中に後ろの車の色は?と考えてみる。すぐに答えられなかったら要注意」だそうです・・後ろの車なんて見てます?色??プリは見づらい上私スモーク貼ってるし・・だいたい注意力散漫な時はそれすら考えない、アルツだし・・もんく言わずに習慣になるようやってみますm(_ _)m
?「車間距離を常に2秒以上とって走る」
これは運転の基本だそうです。これですと「他車の影響を受けにくく比較的自分のペースで走れるから長距離ドライブの疲れ方が違う」お?!これはやっている。燃費マニアの基本ですね(笑 でも、割り込んで来る車もいるんですよねー(プンプン
?車内の酸素不足に要注意
「車内の限られた空間で換気をしていなければ酸欠不足になり、次第に眠気やボーッとしてくる、反射神経も低下する」なるほど、それはそう思う。眠くなったら窓開けたりするのは正解でしたね。この他にも「仮眠を取ったら体は元気になっていても脳は覚醒していないので体操を」など教わりました。

 私の場合休息を前回の宮城では1回、新潟は2回かな?3?4時間に1度のペースで取っているようです。危ない危ない巻末に余裕を持った計画を立てましょうとあります。そっかーもうちょっと考えて楽しいプリウスライフをおくらなくちゃ。
JAF2

 ちょっと嬉しい話。JAFMate今月の「このとき、あなたは何に注意しますか」にsaiさん購入予定の赤プリが写っていました。正解は「赤プリの向こう側から出てくる可能性のある自転車に注意しましょう」でしたが赤プリばかりに気を取られないよう皆さん注意しませうw
JAF3

さーて、このステッカーどこに貼ろう?先日頂いたのもあるし、スモークには貼るなってあるよなぁ・・嬉しい悩みです。しっかし20年かーオレ運転全然上手くなんないよな?(汗

 

走る

 久々に燃費の話です、このブログはプリウスの燃費と「とっちゃんらーめん」を中心に始まったのですが何時の間にかどちらも閉店状態、そんな事ですので燃費も伸びず、おお師匠には笑われてばかり、そろそろ破門になりそうです。でも、遊びに来てくれる方には燃費に興味のない方も多く、そちらの方にはゴメナサイです(汗

先日NHKさんのニュースで聞いたのですが、大型トラックに急加速、急停止をした時音が出る装置を付け燃費がどうかわるかの試験をしたそうです。結果は、この装置を付けユックリ加速や減速を行ったトラックは燃料消費量が15%ダウン!これは驚異的な数字です。ちなみに、この装置を付けづに急加速、急停止だけを注意してもらった運転手さん達は平均5%の低減だったそうです。
宮城燃費6

 運転手さんの話によると「最初は、イライラしたね?ちょっとした事でなるんだもの、だけど最後は成れたよ、ま、これでCO2削減になるんならいいんじゃないの」との事。また、この運転は俗に言う安全運転ですので事故も減りこのメリットも大きいと運送会社のお偉いさんは言ってました。そうそう後は「荷主さん達が間接的に無理な運転を要求するような事を言えない環境を作る必要がある」とも言っていました。1つの事を達成するには、1人だけの努力じゃ無理で周囲の理解と協力も必要なんですね。
宮城燃費4

 さて、先日のオフ往路では
「368kmを平均燃費28.9km/l」
程度で走りこれではいけないと走り方を調整、帰路は
「415kmを平均燃費32.4km/l」
で戻りました。(計算あってるよな(汗)前回、前々回とこのコースを走っていますが何れも帰路の方が燃費が悪かった事、今回は外気温が低かったこと、途中浦和より厚木までの間高速を使ったこと、帰路の半分以上は雨だったことなどを考えれば、帰路の走りは私としてはマアマアの数字だと思います。
宮城燃費1

宮城燃費2

宮城燃費3

 今回帰路で変わったポイントは

?スプリガンさんに良い道を教わった
?信号間が長かったのでユックリスタート、ユックリ減速にに心がけた
?ユルイ登り坂が多かったので瞬間燃費15km/lを心がけそれ以上の燃費になる時はバッテリー走行を行った
?バッテリーレベルは4?6、高速では7程度になるよう気をつけた
?何時も遅いと言われるので4号線では、流れにのって(かなり早いです(笑)走った
?【ユウ】さんにマントルを貰った(代金未納)
宮城燃費5

さて、どれが効いたのか?それとも全てがよかったか?私は?かな?なんて思ってます、ネッ【ユウ】さん(信じるものは救われる)

宮城

 オフ会で出かけた「ニッカの聖地、宮城蒸留所」ここは2度目のご紹介になりますが前回より天気が良く綺麗に整えられた敷地から見上げる木々や山々から新鮮な空気が湧き出て来ているようでとても清清しい気分、私は思いっきり手を伸ばして自然の恵みをタープリ味わせて頂きました。どうだろう、少しは悪いものも取り除かれた?(笑
宮城蒸留所1

 ここでは、工場内の見学および試飲などが出来るので私達以外のお客様もイッパイ、観光バスで来た人、家族連れで自家用車で来た人、駅から出ている送迎バス、タクシー、アベック(ピキッ!そして私達のようなオフで来た人達と様々です。でね、この中でちょっとガラが悪いのが観光バスで来られた方々。たいがいはお仲間達の集まりの上お酒など入ってますから気が大きくなってるし声も大きい、当然周囲に気を配るなんて、ナイナイ。でもって、噂ではお酒の入ってない私と同じとか(汗
宮城蒸留所2

 これに比べて家族連れの方々は大分違いますよね。どうなんだろう、やっぱり子供達の手本に自然となろうとしてるのかな?子供に気をつけるように注意しているおとうさんも観光バスで来る時はあのおじさん達と一緒?それが正直な人間と言うものです(笑 でもって、そんなメンバーでツアーガイドのお姉さんに付いて工場見学の始まり始まり?!
宮城蒸留所3

 乾燥棟に貯蔵された麦芽(モルト)を発芽させた後にピート(草炭)でいぶしながら乾燥させ、その後粉砕。温水を加え甘い麦汁を作り酵母を加え加熱する事で醗酵、アルコールを含んだところで蒸留、さまざまな工夫でアルコール度を高めてから樽に入れて熟成させます。この樽1つあれば1年以上呑める、プリティさんに「g-monさんは1年もたない」と言われちゃいました、ショク!(実は、ツアーガイドさんに工程を聞いたのですが一部気になったので調べました、やっぱ間違ってたよー、でも可愛いお嬢さんだったし頑張ってたから、ご愛嬌ですね(笑)
宮城蒸留所4

 ツアーの途中ピートに触れるところがあるのですが、観光バスで来たおじさん達が取り囲んじゃって子供達はそばに寄れません。2家族3人、一方は女の子1人、もう一家族はお兄ちゃんと弟、何れも小学校低学年?女の子は恥ずかしくなったのかお父さんの後ろに隠れちゃう、お兄ちゃんも少し離れた所から羨ましそうに見つめるだけ、弟君なんてお母さんから離れない。であるならば、g-mon登場でしょ?!得意になっておじさん達掻き分けピートを取って皆に渡します。手に取ったときの子供達の笑顔、たまりません、私この顔が大好きです。女の子はお父さんと一緒に持って嬉しそうに何か話してます、お兄ちゃんは一人でじっくり研究中、弟君は、指を出してチョンチョンと触って満足、反応は、まちまちだけど喜んでもらえてよかった。
宮城蒸留所5

 ツアーが終わって試飲所でワイワイ騒いでたら先ほどのお坊ちゃんのお母さんが「いろいろありがとうございました」とお礼を言ってくれ、ちょっとビックリ!『あ?、入り口の所で家族別々で写真を取っていたから声を掛け撮って上げたからだ』と納得、お子達もニコニコ顔、なんかスンゴク幸せな気持になっちゃいました。嬉しいな?ソフトクリーム買ってあげちゃおうかしら?いやまてまて、まただれぞに好からぬ噂を立てられそう、ここは少し大人になったg-monでした。エッヘン!
宮城蒸留所6

 私も、子供の頃おやじ様に連れられていろいろな所で遊ばせて貰いました。その時々ですがおやじさまの同僚さんや、たまたまのおばちゃんに親切にして貰った事が何度もあります。旅でのちょっとした親切や助け合い、イイデスネ?、宮城の新鮮な空気、あれが効いて少しは私も優しくなれたのかな?
宮城蒸留所7

燃費監督みーっけ(笑

歓迎

 日曜、会社に甘えプリウスオフ会でホテル○○○Tさんにお世話になって来ました。ここはプリウス仲間なら誰でも知っている今やプリウスの聖地となってしまった場所(会社その他のお仲間には後でそっとお教えします(笑)そしてお友達のsaiさんがお勤めになっているホテルなんです。
○○○T2

 ことしも、この癒しの聖地を求めて何人ものプリ旅人が訪れたことか、なんでも聞くところよるとあまりにプリマニのメンバーが多くお世話になるものですからホテルの方々もプリウスが来ると全てプリマニと思うとか・・他のお客さんには良い迷惑?いえいえそんな事はありません、プリマニに対してもその他のお客さんに対しても区別をするようなホテルではございませんから。
○○○T3

 そう!そうなんです。私は、お世話になるのはこれで2度目なのですがこのホテルのサービスはメッチャ良いんです。今回は、saiさんにご苦労をお掛けしいろいろなご配慮を頂きましたが、saiさん忙しく「全てには気が回らずゴメンなさい」と言っておりましたが大丈夫、他の従業員の方々が十二分にフォローしてくれましたよ。

 皆さんは、旅館のサービスをどのようにお考えですか?超高級なホテルを私は知りませんが、少なくとも今は付きっ切りでお世話などされるのを私は望みません。なにかあった時に声を掛けてくれる、こちらがあれは無いのかな?と思ったときそれが準備されている、ベタベタはしていないけど部屋に入ったとき食事に向かった時などの先々にさりげない持て成しが用意されていて、思わずこちらがニッコリしてしまう、そんなサービスって素敵だと思いませんか?そうなんです、ここ○○○Tはそんなホテル、そんな従業員の方々が大勢いらっしゃるんです。
○○○T7

 この日のsaiさんは、従業員ではなくお客様(この日初めて長年勤める自分のホテルに客として泊まったそうです、この経験はキット大切ですよね)ホテルの説明をsaiさんがしてくれている時、ちょっと離れて心配しているお仲間がいました。部屋にはsaiさんの変わりに部屋表を書いてくれたお友達がいらっしゃったようです。部屋の案内や宴会の準備、頂き物をしたので持ち上げる分けではありませんがsaiさんの上司の方からの差し入れや朝喫茶店でのドリンクサービスなどなど、saiさんに恥を欠かせないようなさりげないフォロー、そして売店にしても布団上げにしても従業員の方々一人一人の普段からのお客様に対する接客態度が良く分かりました、そうそうお風呂上がりの麦茶サービスなどは、他のお客さんが「兄ちゃん飲んできなよ、姉ちゃんがサービスしてくれるよ」などと声を掛けてくれましたもの、やっぱ私と同じで嬉しい気持にさせてもらえたんだと思います。
○○○T5

 宴会その他では、saiさんのお父さんにも大変可愛がって頂きました。実直そうで明るいお父さんでした、話していてsaiさんのお父さんだな?って感じました。私は、どちらかと言うと人に気を使う方かもしれません(見えない?まあまあ本人が言ってるんですから(笑)でも、それは押し付けとか嫌な気分になるものではどうかと思います。○○○Tさんのようにさりげない形で相手に接することが出来たら、キットそのためには日頃の大変なご苦労がおありだとは思うのですが、私もそうありたいなどとちょっと考えてしまった、大満足の○○○Tオフ会でした。ホテルの皆様、そして団長!(saiさんです(笑)大変お世話になりました。ありがとうございました m(_ _)m この感激、まだ行かれていない方はゼヒお試しを、キット満足すると思いますよ。
○○○T1

 でもって、本当に悪いとは思ったのですが温泉で泳がして頂きました。やはりクロールは無理です、平泳ぎならOKなんですがこのホテル唯一のクレームです。温泉の中央にお湯の出るところがあるのですが泳ぐのにちょっとジャマです!もう少し小さいとそこを中心に良いコースになると思います。そこんとこ宜しく(^_^)v
○○○T6

バイト

 いよいよ今日からアルバイトが始まりました。数週間前から依頼を受けていたんですが。既に予定を入れてしまっていたので今日まで延びてしまいました。バイト先は、袋屋さん私の主な仕事は、重い袋の箱づめとパートさんが帰ってしまってからの穴あけです、時間は、朝8時から夜・・制限無しの1本勝負(笑 その日の仕事の都合です。
箱

 アルバイトを始めたキッカケは、社長さんの入院でした。実は、この会社おじさんの会社なんですが、私が今の会社に入る前、夜間の専門学校に通いながら勤務させてもらった大恩があるんです。当時の私(今も・汗)かなりいい加減でしたからねー手がかかったと思うのだけど4年間勤めさせて頂けました。そのおじさんが、病気に!話を聞いた時は正直焦りました、私に出来ることは?と言う訳で無給で勤めさせてもらったのが最初です。

 おじさんが退院して、それでも心配で忙しいときは手伝いに行って、おじさんもタダでは、と言うので話し合い交通費その他でトントン程度を頂いています。(が、今は燃費良いから貰いすぎ?茶菓子持ってかなきゃな)仕事はキツイです!日頃ディスクワークですので、初めて手伝いに行った時は、帰ってから風呂に入っているのに足がつりました。今日も、4トンロングに満車以上、数百箱ぐらいは詰めたでしょうか?それから2トン車がイッパイなるまで袋の紐を通すための穴あけ。休みは午前10時とお昼と午後3時、5時を回ると最終コーナー最後の根性の入れどころです(笑
機械

 まったく大変な仕事です。でも私は週に1回ちょこっと働くだけですからね、私の此処での仲間は、皆気が良くて力持ち(女性も)です。私は、ここで働くと言うことを今も繰り返し教わっています。私にとっては、辛いけど楽しい職場です。今日は、パートさんにも怒られなかったし、まずまずのバイトのスタートでした。良かった。
グッツ

 上は、バイトグッツです。ひざ宛、バンダナ、リストバンド。どれも頼もしい味方です。

環境

 私の会社でも最近有名な、ISO(国際標準)の資格を取得しています。このISOにもいろんな種類があって、今認定資格を持っているのは「品質、計量、環境」の3種類、この中で品質は経営全体のプロセス管理を要求されますので私の仕事とは特に関連すると思うのだけど未だ審査対象になった事がありません。なぜ?キット危険なので隠されちゃってるんでしょう(笑

 でも、品質や計量ではなく環境では全員出頭する事になっているらしく前回に続き今回も外部審査員の前に連れ出されました。一緒に出席したのは総務部長さんと営業部長代理さん、なーんか役が回ってきたような気がして嬉しかったりします。ところがところが総務バッカに質問して私にはなかなか質問してくれませんヤット質問してくれたと思ってもなぜか当たり障りの無い事ばかり?それに、システム系の仕事はペーパーレスなどに貢献するから周りも今回は持ち上げてくれます。う?、私もなんか喋りたい!(↓現場の風景です)
syokuba

 話が車の話に移って総務が「定期的に買い換えてるので燃費の良い車になった」などとおっしゃる、思わず小声で「プリウス・・」でも気付かない、もちょっと大きい声で「ハイブリット・・」2度目で審査員さんが食いつきました「私も仕事ではプリウスなんですよ、燃費良いですよー」カカッタ!って思いましたねーそっからは、私の独壇場ですよ

g-mon「燃費いいですよね、でも最近はやっと29km/lですよ」
審査員「へっ?」
g-mon「夏場はもう少し良いんですよどね」
審査員「どのくらい?」
g-mon「良い時は33km/lぐらいでますよ」
審査員「へっ?」

いやー愉快愉快、調子に乗って話していたら

審査員「御社もプリウスにしなさいよ、評判良くなりますよー」
g-mon「そうだそうだ、運転は私が指導する」
お疲れ

 g-mon調子に乗りまくり、でもダメなんです。実はトヨタさんにも「営業車をプリウスにしなさい」と進められているのですが「それではプリウスで納品に行って良いですか?」と聞くと「ダメです、納品はトヨタ車のバン以外認めません」との事???なんか変?あれっ?

 私も環境のことを全然考えないわけでは無いのですが、やっぱり環境は、ちょっと分かりづらいんだと思います、パット考えても公共の移動手段を使う、ゴミを出さない、再利用するなどぐらいしか思いつきません。審査員さん言うように自分の仕事の結果をCO2の排出量に置き換えて考えてみるなんてしたことがありません。だとしたら・・私も私の会社も、なんか変かも知れないなあ。

 今までちゃんと考えてこなかったことですから、外部審査は良い機会だと思いました。今の自分の仕事の進め方、少し環境と言う違った視点から見つめてみようと思いました。一人一人が環境についてちゃんと考えてみる、そうする事で少しづつ社会が変わっていくのだと思いました。

追記:この日記でトヨタさんに対し誤解をさせる表現があります。私はトヨタさんが素晴らしい企業だと信じて疑いません。

新人

 何年ぶりかで新人が1名入りました。何といっても今まで1名でしたので一挙に戦力倍増、考えてみれば恐ろしいことです。倍仕事する?

 私がこの会社に入ったのは、うん十年前で当時の専務さんに面接をしてもらい今の専務さんに紹介され翌年4月より入社することになっていたのですが要請があり急遽年明け早々からの入社になりました。初出勤の時は緊張しましたねー、まだ不良も完全には抜けてなかったんで態度も悪かったし変な奴と映ったんではないでしょうか?計測機器の組み立てやセンサの調整など初めての経験で右も左も分からず苦労しましたが技術系の先輩が都度助けてくれました。
宴会3

 今度一緒に働く事になったSさんは、私の所で必要とする基本的なスキルを最初から持っているので話が早く仕事がとてもスムーズに進みます。スムーズに進むものだから私も溜まっている懸案事項に着手できます、着手するものだから仕事がまた進む、仕事が進むから次の段階に移る、次の段階に移るからまた調べ物をする、そうするとまたやる事がハッキリして仕事が増える・・なんだか変です?2人になったら前より忙しくなりました(汗
宴会1

 と言う訳で夕べは新人さんの歓迎会でした。2人では寂しいので何時も付き合ってくれるメンバーに声を掛け立派な会を開くことが出来ました。何時も幹事やってくれるMさんありがとうございましたm(_ _)m。私はいろんな部署を渡り歩いて今の部署にいますから、今回のメンバーの方とは1度は一緒に働いた事があります。皆さん今は各セクションの実力者ですので、新人さんがシステムの仕事にタッチするようになった時必ず助けになると思います。
宴会2

 宴も進み、新人さんの経歴を根掘り葉掘り、わははわっはは!と大笑いしたり真剣に話し込んだり。いろんな仲間がいますが仕事の仲間っていうのも良いもんですよね。また、明日から皆と少しでも良い会社になるよう頑張りたい、新人さんも必ず力になってくれると確信しとても良い気分で1人2次会に向かいました。
 

舞台

 今年も、招待の葉書を頂きました。
招待状

 最初は、友人に誘われて「立川マンドリンクラブ」の演奏会を聴きに行ったんですが、その時は、会場が狭かったのか残念ながら入場出来ず食事だけして帰りました。そうなると人間是が非でも見たくなるものでして(私だけ?)そんな事からもう10年、何時の間にか招待の葉書が毎年頂けるようになり、私もこの日を心待ちするようになりました。
東大和市民会館

 このクラブ最初は、たった4人で始まったそうですが今は40人を越える大所帯、たいしたものです。マンドリンには、1stマンドリン、2ndマンドリン、マンドラテノール、マンドロンチェロがある事をここで知りました。演奏会では、これにリュートモデルノ、ギター、コントラバスにパーカッション、シンバルなども加わってそれはそれは重厚なそして、その奏でる旋律が時に悲しく時に心ウキウキする事も教わりました。
開演

 友人の奥様がこのクラブの中心メンバーだと言う事は、誘われた後に知りました。彼女は凄いんですよー、1stマンドリンのパートリーダーであると言う事だけではなく、ソロもしますし演奏会のために編曲や作曲をしたりも行っています。そして友人は・・
第二幕

 実は最初は荷物運びでした。何時もニコニコしていて私に会うと大変喜んでくれますが「やらないのかな?」と思っていたんです。それが数年前舞台に立つと言うじゃないですか、マンドリンの練習もしているとの事。で、幕を開けて見れば、あれ?です。子供のおもちゃを使ってのリズム役、でも、ちょっぴり恥ずかしそうでしたが真面目にやってましたよ。あの真剣な顔は今もよーく覚えてます。
フィナーレ

 一昨年あたりから友人も出演メンバー表にマンドラテノール担当として名前が出るようになりました。「腕は上がった?」と聞くと「まだまだ」と何時もニコニコしながら返事をしてくれます。今年もまた幕は上がり彼の勇姿を見ることが出来ました。そう、この舞台の上だけでは何時ものニコニコ顔ではない真剣な眼差しの彼を見ることが出来るんです。実にイイ顔してます、本当に素敵な男の顔でした。
帰路

 帰り道に少し考えました。人間なかなか晴れの舞台に立つ事は出来ないです。そこに立つためには、並以上の努力が必要となります。だけど、友人のようにコツコツ自分のテンポで積み重ねて舞台にあがる、そう言う生き方もあるんだなー、それはとても清清しいなと。

PS:打上げだけで良いなら私も出たいのだけど・・

 じじばばの結婚記念日は、大ご馳走でした。肴は豪勢、酒は美酒、たらふく食べてたっぷり呑んで、ついつい調子に乗りました。

 食事のしかたは人それぞれですが我が家の特徴は、とことん楽しむ。たとえばちょっと豪華なアジの叩きを頼む時は茶碗蒸しとのセットをお願いします。なぜならばアジの骨と骨の間についた肉をこそげ取るためにスプーンが必要だからです。ここのお肉が美味しいんだな?、マグロのトロ以上の甘味と食感が楽しめます。ケンタッキーフライドチキンなどは骨までバリバリ、それこそ骨の髄まで味わいうのが我が家の鉄則です。だって、旨いんだもの。

 当日は、ステアーリブ味付けは上々焼き加減もバッチリ、旨い旨いでウシャシャシャシャーとくらい付いて何時ものように骨をバリッ!ガリガリ?なんか粉っぽい骨だな・・ここまでくれば皆さんお分かりですね。そうなんです、骨に前歯が負けてしまいました(汗
肉

 と言っても高校時代までは、歯を大切にしていなかったもので前歯1本は嘘歯です。幸い欠け方もパット見には分からない程度、それでも我が家にはやはり歯が悪いと貧乏になると言うジンクスがありまして大慌てです。歯医者に電話したところ予約がイッパイだとの事、以前の私でしたらここで引き下がるのですがそこはそれプリウス仲間に鍛えられていますから最近はなかなか押しが強いです。

 なんとか無理を聞いてもらって行ったのが「コータローさん」ここの先生とても仕事が丁寧だし症状や治療方法、その他の案などを事細かく説明してくれます。評判も良く紹介したら遠くからタクシーを使って通われる人もいるぐらいですのでよっぽど気に入ってくれたのでしょう。唯一の欠点が治療が遅い(私が感じるだけかも?)事です。
コータローさん

 さて、どうなる事かと思っていたのですが。「g-monさん歯は、このサンプルのようになってますから本当は全て取り替えた方が焼付作業の関係で丈夫になります。でも、修正で直せないこともありませんから今回はそれでやってみて状態を見たいと思いますがそれで宜しいでしょうか?」宜しいも何も早く直る方が良いに決まってます。でもって、15分後には、元の状態に復帰、完全に固まるまで2日間かかるのでそれまでは「特に硬いものには注意して食事をしてください」

 ありがたかったです、やはり目立たないとはいえ前歯が欠けてるのって悲しいですものね。緊急時には素早く、余裕があるときには丁寧に、やっぱコウタローさんは考えて仕事していると思いました。なんでもかんでもゴリ押しの私とは偉い違い「よしこの強弱を燃費道に役立てるぞ!」と固く決心するg-monであった。メデタシメデタシ(完)

 日曜日は、お楽しみのE-1(プリウスでいかに燃料少なく決められたコースを走るかの競争)でした。前回は、強豪シルバニアンさんなおゆきさんに簡単に捻られましたが今回はタイヤもスタッドレス X-ICE 185/65R15履き替えコースを走るのも3度目、気合十分のはずが・・・

 午前11時集合のところ「けんけんさん」と9時に待ち合わせし、まずはコースの下見。ここでしっかし「けんけんさん」に負けてしまいました。1週約33kmの高低が激しいコースを私は平均燃費「30.9km/l」のところ「けんけんさんは、33km/l越え」どひゃ?!!です。
E-11

 集合場所に戻って大慌てで小技の連発、シルバニアンさんに「集合前に充電しておくこと」との大注意を聞かぬ振りして(おお師匠様ごめんなさい!)再充電+空気圧2.8→3.0のドーピングを実施、振り出した雨など全然気にせず・・・
E-12

 たぶんこの雨です。いえいえ雨のせいにしてるんですけどね、全然転がらないんです、転がってる感じはあるんだけど何だかグジョグジョと長靴の中に水が入ってしまったような走りです。もしかして X-ICE って雨に弱いのかしら?PPのNavajoさんに負けちゃいました、それも補正値なしで・・悔しいです、涙が出ます、ぜってー今度は勝つ!w(でも負けそう、よし次回はズルしよう)結果はシルバニアンさんのページで

 プリウスでの山登りについて考えてみました。私は、今回もまた上手に登坂が出来なかったので40km/h程度で走りながら充電が出来たらEVモード(電気だけの走行)に切り替え電気が無くなったらまた充電を繰り返すと言う姑息な手を使いました。でも正しくは、充放電が無い状態でエンジンを制御させ回転数を下げるのが正解なのでしょうが路面に合わせたアクセルワークが追従できません。燃費道は、奥が深いです。おお師匠様にお願いしてレッスン受けなくちゃ。

モニュメント

 渋谷駅と言えば古くは、中堅ハチ公、つづいてモアイ像などが有名ですが、新しく渋谷駅交番横(ハチ公前広場)に電車のモニュメントが出来ました。昭和29年に登場した超軽量電車5000型、東横線で昭和45年まで活躍したそうです。
5000型正面

 その1号車と言うことでここに飾られたのですが、今の電車と違い実に愛らしい風貌をしていると思いませんか?今ほどカチンカチンでは無く柔らかな曲線が多いし一つ一つの部品が人によって大切に作られたような気がしませんか?もちろん今も皆さん一生懸命作っているのだと思いますが、作り手と私たちとの間に少しキョリがあると思うんです。
5000型横

 電車の中は、渋谷の歴史が満載、この写真を見るだけでも楽しいですよ。大正、昭和と続きますが、私が生まれた頃なんだーとか、小学校の頃、中学、高校と自分の思い出と写真を照らし合わせてみるとこれもまたとても興味深く面白いです。
写真1

写真2

写真3

 私もですが、外人さんももの珍しいんでしょうね、真面目な顔でお勉強していました。
5000型中

 それに此処はなぜだかご近所と思しきおばちゃんやおじちゃん、おばーちゃんやおじーちゃんがも入れ替わり立ち代り座席に腰掛けて一時話をしていきます。渋谷に新名所、と言うほどのものではないけれどこの電車に乗れば周りの騒がしさからちょっとだけ離れられる癒し空間かもしれません。
5000型座席

 私、いろいろなものが捨てられない性格なんです。でも、古い物だから新しい物に変えられちゃうのはしょうがないんです。でも、一個ぐらい一個でいいから誰かがとっといてくれると嬉しい。

ブレンド

 と言うわけで、コーヒーブレイク。コーヒー好きですか?私は、あの香りにめっちゃ弱いです。子供の頃は、コーヒー牛乳以外苦手だったけど今はあの苦味が大好きです。初めて茶店で飲んだコーヒーは、モカ。スッパミが苦手でしたがなんとなくカッコつけてメニューにあった知らない名前を頼みました。朝からピザトーストを頼んでタバコ吸って・・むっちゃ昔の話です。
コーヒー

 昨日のブログを書いていてフッと思ったのですが、我が家の周りには、親と同居をしている家が見当たりません。以前一緒に暮らしていたが上手くいかずに別々になったとか、同じ家には住んでいるが、台所やお風呂は別、行き来も一度外に出てでないと出来ないなどの話も良く聞きます。

 なぜ同居する家族が減ってるんでしょう?食費だって光熱費だって一緒の方が助かるに決まってますが、やっぱり裕福と言うことなんでしょうかそのために我慢するぐらいだったらお金を使った方が良いと思うのかもしれません。

 でも、それは正しいけど変だと思うんです。全然我慢しなくて接触が無いのなら他人と同じ。多少の我慢をして相手のことを考えるから初めて相手とわかりあえる、相手が分かるときには相手もこちらを認めてくれる。これは親兄弟でも同じではないでしょうか。そうやって、いろいろな考えが交じり合った時に初めてふくよかな香りと奥深い味が生まれ、相互理解のなかにより深い愛情が生まれる、そんな気がします。

 ところで、コーヒーにカレーライスって合うと思いませんか?私的には意外な組み合わせだったんですが1度試したら病み付きです。合わないと思ったものがやってみたら以外に合う、これも楽しいです。

51年前

 今から51年前の今日、父と母は結婚しました。結婚式は、母方と父方の両方で行われた、つまり2度行われたそうです。その間母は、ずっと下を向いて座っていたそうです。キット父は、母方ではカチンカチンで実家に戻っては、嬉しくて誇らしくて、はしゃいでいたんじゃないでしょうか?何となくそんな気がします。
51年

 51年ですか・・私も年を取るはずです(笑 昨日があって今日があって、上手くすれば明日がある。そんな毎日の繰り返しが51年間、けっして短い時間ではないのですが、それもあっと言う間の事かもしれません。その時になって見なければ分かりませんけどね。二人がそろってその日を迎えられた事は、まれな幸せ、もしその時二人がまだ昔の気持を少しでも忘れずにいれたとするならば、それこそ神に感謝ですね。
お酒

 今日は、皆さんから頂いたお酒を家族皆で頂戴しました。おかげさまで、何時も以上に会話がはずみました、ありがとうございます。今日、家族皆ほろ酔い気分で幸せでした。こんな日がずっと続く事を私は信じて疑いません。その為に皆で頑張っていますから。
 
---------------------------------
久々の燃費です

 鳥屋自動車整備工場さんに無理をお願いしタイヤをスタッドレス(ミシェランX-ICE 185/65R15)に変更、新潟往復旅行+通勤でその走りを確かめました。乗り心地はPPに比べゴツゴツ感が無くなり(空気圧を下げたせいもあります)路面音もとても静かになりました。この2回ばかしの平均燃費が27.0km/lでしたので多分28.0km/lあたり1割UPぐらいで数日後には次回給油となると思います。1400km手前で残り1セグ点滅しましたので走行距離1500kmを越えたあたりで給油したいと思います。

今回ここまでの総走行距離 1460.3km
EMV平均燃費値   29.6km/l
最近のBLレベル  帰宅時に 4を維持しています
外気温   7 ? 18 ℃

20061115


 とにかく転がりが良いです。新潟の比較的緩やかなアップダウンでは、以前のPPでしたらバッテリーでのアシスト走行を思いっきりつかっても直ぐにエンジン走行に切り替わってしまいましたが今回は何時までも転がりました。さて、このタイヤをどのように私の通勤路、急な山登り3回+信号64個に生かすか・・楽しみです。

ミュージカル

 それは、係りの人の注意から始まりました「場内での撮影は禁止されております、携帯電話の電源はお切り下さい・・」やがて静かに照明が落とされて行き静寂さが訪れます。そしていよいよ第一幕が始まりました。独身、趣味は花の世話、真面目過ぎてバカにされてる、ドラマはそんな主人公デュティュルが仕事場である役所に向かう所から始まります。
自由劇場

皆さんは、ミュージカルを観た事がありますか?私は、多分初めの経験でした。舞台全てを覆い隠す幕がユックリあがると、デュティュルが役所の席に着き同僚達による、公務員のコーラス、4人の怠け者の公務員達がコミカルな歌詞にのせて歌います。そして横で苦情へのお返事をタイプするデュティュル、今度は彼が歌い始めました。ここまでで完全に私の心は舞台に引き込まれてしまいました、舞台の工夫や演奏、話の進むテンポなど素晴らしい演出だと思いましたし、それを支える役者さん一人一人の実力の高さに驚かされ感動の衝撃が私の心にビンビンと押し寄せます。
デュティュル

 チケットを購入したのが遅かったので席はあまり良い場所ではありませんでした、劇場もさして大きくは無いかも?舞台を下りての演技は見えずらかったです。それでもそれを補ってあまるほどの感激がありました。休憩を挟んで第二幕が終わった時には、ほうけてしまい、ミュージカルが終わった事を認識できないありさま、それでも会場全体から沸き起こる拍手の渦に背筋がゾクゾクし気付けば私も立って拍手をしていました、手が痛くなるのもかまわずに。
パンフ

 ミュージカルの題名は「壁抜け男」出張中、電車の中刷り広告を見て行って観ようと決めました。平凡な人間があるキッカケを元に自分の殻を破りいろいろな世界を知っていく、新しい事への恐れと喜びが交互に登場し自分を変えていく、そして最後に素晴らしい幸せ、そして最後の最後に・・・今まで同じミュージカルを何度も観る人がいるのは、変だと思っていたのですが、なんとなく何ですがその気持が分かるような気がします。1度観た事により感じた事を確かめに、そして心地よい時間を楽しみに通うのかな?って思いました。
劇場ロビー

 今まで、ミュージカルなんてと思って損をしちゃいました。まあ、良いと分かっていても観に行く暇なんて今までは無かったんですけどね。私、味をしめました!絶対ばーちゃんが観たら喜びます。今度は一緒に行って一緒に喜びたいと思います。ミュージカルは素敵です。

解禁!

 ながい、なが?い、本当に長い1週間が終わり、ついにお酒の解禁日がやってきました。日にちをダマされ解禁日が伸びたこともあり、この日をどれほど待ち焦がれた事か、どうせなら、美味しいものが食べたい、月曜は研究会で渋谷に出るから知人の店に行こう、久しぶりだから呑み過ぎないようにしよう、などなど、あまりに長かったのでいろいろなこと考えました。
秋葉

 今日の研究会は、議論が盛り上がり頭の中がだいぶ整理されてきた感じです。次回来年の発表会に向けたプレゼン資料が作れるよう残りはメールなどでやり取りをする事にし散会しました。場所は渋谷、呑みに行く予定の秋葉原までには幾駅かありますがあれだけ待ったんですから少々の時間は気になりません。ここ、ここ、今日の目的地、秋葉で有名なでっかいビル8階うな匠さんです。
うな匠

 実は、先日プリウスのインタビューに来てくれた人の1名がアルバイト(チーフ)をやってるんです。だいたい出ていると言うことで解禁日はここで、と決めていました。が、店の人に聞けば「ほとんど毎日いるのだが月曜日は学校の都合で時々休む、今日がその日です」それは残念、でもいいもんねーお酒があれば。
メニュー

 お酒は、知人お勧めの芋焼酎(ゆり)をロックで、摘みには、カツオの塩辛、自家製奴、うなぎの肝焼きをお願いしました。久しぶりのお酒・・一口口に含みます・・香りが鼻腔をくすぐり・・少し舌がピリッとした後にしっかり馴染みます・・ゴクリッ!・・喉をスッと流れ胃に入れば焼けるような感覚・・旨い・・ふ????っ、幸せです。
芋焼酎

 店のお兄さん、お姉さんにお酒や摘みの説明を受けながらの一人酒、の?んびり時が過ぎていきます。そうそう、今日皆さんから頂いたメールを読み返したり、新たにメールをやりとりしたりで、少し落ち着かないところもありましたが、これはこれでよいのかな?と思いました、夜は、長いのですから。
日本酒

 どのくらい呑んでいたでしょうか?締めに日本酒を頂、当初予定していた「うな重」はお腹イッパイなので諦めです。のこりの塩辛を平らげてグビッと・・良い一日でしたと帰路に向かいました。
あれっ?

 ・・・で、気付けば何時ものお店?二次会?結局1時ぐらいまで呑んでしまいました。今日は1.5日酔い?いえいえ、燃料しっかり補給しましたから頑張りますよ?(笑 帰りがけに気付いたのですが、行ったお店うな匠さんは、どうも知人のお隣の店のようでした、あれっ?私また間違えたの?(追記:ちなみに、待望の久保田は、日曜親父さまとを予定しております)

空間

 浜松町に行きました。JRや地下鉄のほかにモノレールやゆりかもめもあるし、ここから、船で小笠原やその他へ出航しています。とてもアクセスが便利な場所だと思います。

 この、浜松町駅から国際貿易センターへ抜ける道に、ちょっと変わった空間があります。通路をほんの少しずれただけでガラーンとしたスペースがあってその奥には、装飾屋さん石屋さん、インテリア屋さんがポツン、ポツンと離れてお店を開いています。そうそう見落とさなければここへの通路の入り口付近に案内図があります、3軒のための?

 店の大きさはたいしたこと無いです、敷地イッパイに品物を並べていてお店にはおのおの個性的なおじさんが(私よりは若いかも(汗)それはそれは、世話しなく働いています。

 装飾屋さんは、なにやら大きな帳票を広げては、図面らしきものを見たりFAXを送ったり、私が側に立っても気付きませんでした。
浜松町1

 石屋さんは、帳面を広げ電卓で一生懸命なにか計算をしていました。声を掛けるのも悪いかなーと思ったけど面白そうだからガラスのタイルを数個買って見ることにしました。声を掛けると一瞬驚いたような顔ををして、生真面目な顔で出てきてくれました。品物の説明を受けお金を渡すと3度も計算をしなおしてくれました、合計183円です、ご苦労様です。
浜松町2

 私は、じじばばの結婚記念日に何時ぞやとったデジカメ写真が良い出来だったのでネガにし写真たてに入れて贈りたいんです。ですから写真立てを探していました、やっと3件目でそれらしき物を見つけました。一応他に無いかとも思ったのですがお店の人に聞くとまるで久しぶりのお客さんが来たとばかりに手もみをしながら笑顔で応対してくれました。でも、写真立と聞くとそれはそれは悲しくなるほどガッカリした顔で「ありません」って言うんです?表のは?と聞くと飛んでそこに行き「ありましたありました、でもこれは自分で作るキットですよ?」と不安そう「贈り物の写真を入れるんです」と言うと「じゃー、手作りが良いですよ、カンタンですよ、これ」ひっくり返し裏面を見ながら嬉しそうに「これ、全部そろってますよ、これさえあれば写真立てが出来ます」・・私達は、1つもらう事にしました。白い可愛らしい方です。店員さんは上機嫌で、「どこから来たんですか?へーそりゃあ遠いいなー!これからどこに行くんですか?私はそこえいったことがありませんよ、アハハ!」なんだか私は、とても良い事をした気分。

 その場所を出るとき、もうここには二度と来れないのでは?と言った不思議な気分がしてなんども振り返りましたが、もう店の人達は忙しそうに自分の仕事にもどっていました。
お買い物2

 戻りの駅の通路で京栗が売ってました。珍しいのでお試しと言うのを買ってみました(525円)7個入ってました。写真には6個しかありません。我慢出来ずに1つ食べちゃった人がいます。私ではありません。
お買い物1

キョウ繋がりで、今日恐ろしいことが判明しました。ピロリ菌の薬1週間分と聞いていたので5日だと思っていたのですが7日分あります・・・月曜日まで、お酒が呑めません・・・あのお店屋さんは、本当は無くて私の禁断症状で見えたのか?でも、買った品物は全てあります。なんだか、とても不思議な空間でした。

めっけ

 週中新潟は、このところ荒れているようですが、こちら朝晩冷え込むものの昼間は、24℃近くまで気温が上がりポカポカ陽気でした。新潟で見学した松雲山荘の紅葉は、色づきがまばらでしたが、秋の訪れを伝えてくれました。松雲山荘

 さて、それでは私も八王子の秋を探しに行きましょう。ちょこっとした合間の散歩、天気は良かったんですが風は少し肌寒い気がしました。
イチョウは、まだまだ青いしギンナンは少し落ちだしているかな、だいたい新潟みたいに景色の良いところを会社周辺で見つけようと言うのが無理?どこかに秋がないかな?と思っていると、「あった!これも秋でしょー冬?」見つけたのは、石焼きイモ屋さんの車でーす。
石焼きイモ1

 こう言うのって確かテキヤの親方が管理してるんですよね。お祭りの出店だけじゃなくて、ラーメンやオデンなどの屋台を幾つも持っていて若い衆に貸出し上がりの一部を納めさせるとか聞いたことがあります。屋台の場合しっかりしたものは、200?400万円ぐらいするそうですが、さてこの車は幾ら位するんだろう。
石焼きイモ2

 ここに計りをを置いて、イモはここなんだー。新聞と釣銭用のザル・・・ってダンナこのまんま車盗めば商売出来るじゃない、良く盗まれないものです(汗 だけど不思議です?これって荷台で火を燃やして走っちゃうんですよね?どう考えても危険な気がするからお巡りさんが見つけたら怒られそうに思うんだけど、なんでOKなんだろう?特別の資格とか特別な改造とかしてるのかなぁ・・そうは見えないけどなぁ??
石焼きイモ3

 話が飛ぶんですけど、以前、タクシーの運転手さんから聞いた話です。冬場出稼ぎに来ている人が石焼きイモ屋さんに多いそうです。そう言えば以前買った時、笑顔と一緒に少しお国言葉があったようね。話してくれたタクシーの運転手さんも出稼ぎだそうです、4畳半無いような部屋を借りてTVとチャブ台ふとんだけだそうです。春が来て田植えの準備が始まるまで頑張るんだそうです。クリスマスもお正月も無いおじさんを思い出しました。石焼きイモ屋さんの車でどんな人が働くのかは知らないけど、車体をポンポンと叩いて「頑張って手伝ってやってな」ってお願いしてきました。
秋空

カニー!

 今日は、カニの日です。我が家にとってのカニの日、本当はお正月だけの大イベントなんですが先日新潟に行っ時、静さんに鮮魚センターまで案内してもらい【ユウ】さんの目利きでカニを購入し、嬉しいかなこの時期にカニをたらふく食べれる事になりました。
鮮魚センター1

 案内された鮮魚センターなんですが「日本海夕日ライン」沿いの鮮魚センターがマラソン大会のため午前中にいけなかったので国道8号線沿い恋人岬入り口付近にある場所で、ここもなかなかでしたよ。
鮮魚センター2

 例えばブリは出世魚と言いますから、このサイズでしたらイナダでしょうか?ブリは、夏に味が落ち、イナダは夏に味が良いと言いますがそれがたったの900円、1箱ですよ(汗。他にも新鮮で美味しそうな魚がイーッパイ!魚好きな私としては、それこそ狂喜乱舞目移りしちゃって・・でも、そうは買えないよなー。
鮮魚センター3

 と言う事でこの日購入したのは、えびの塩辛明太子風味1個、巨大一夜干のイカ3枚、そしてななんとタラバガニ4匹大奉仕品!イヤー悩みに悩んでついに買っちゃいましたよ、私もついに男になりました。(そんなたいそうなものではない?)
鮮魚センター4

 今日は、私や家族に家より早く帰宅コールが入りました。この所バラバラな時が多かったのですが8時過ぎには全員集合いよいよ宴の始まりです。今日のおかずは、カニ、カラスミ、スープ、お漬物、おひたし、それにおでん(残り物)ムッチャ豪勢です(むふふっ)。カニの解体は我が家では私の担当、手際よくカラに鋏を入れ食べやすくして皿にどんどん載せます。皆「うまい、うまい」の連続、「もっと、味わって食え」などと罵声も飛びます。家族の喜ぶ顔を見るのが私は大好きです。
カニ1

 話も弾み(と言ってもカニの時は、比較的皆さん無口ですが)あっと言う間に大満足、これだけ喜んでもらえれば買ってきたかいがあると言うもんです。そんでもって我が家では残ったカニのカラは、身が少し残っているのでスープになります、これもお約束、最後までカニを堪能させて頂きます。ごちそうさまでした。
カニ2

追伸:なんでこんな日にお酒が呑めないのか・・・グッスンです

ニンジン

 ただ今禁酒をしております、今日で3日になります、1滴も飲んでおりません。誰が?誰がって私、g-monがですがなー(~_~;)

 連日仕事の山に追われております、でなんとか仕事に区切りをつけて家に到着、ホッとはしますがまだ仕事の緊張は取れません。家族の笑顔と暖かい食事を前に今日の出来事などを聞きながらそれではとイッパイを並々と注ぎ(最近は焼酎の水割りが多いですが焼酎のビール割りや日本酒が好きです)グギュッ、ゴックン・・アァ?って感じで肩から力が少しづつ抜けていきます。グギュッ、ゴックン・・アァ?、グギュッ、ゴックン・・アァ?家族の会話が耳に実に心地よい、笑ったり感心したりしながらグギュッ、ゴックン・・アァ?。私はなんて幸せなんでしょう。
仕事山

 それが、それがです(涙 以前のブログにありましたように胃潰瘍の検査で胃カメラ飲んで先生がおっしゃるには「胃カメラ辛そうですね、ピロリ菌退治しちゃいましょう、薬は5日間朝晩です、その間はお酒を控えてください」との事、とても優柔不断、決断力の無いg-monですが「やったろうじゃないかー!あぁんっ!!」てなもんです。実際、物事をなかなか決めず何時までもウダウダしているg-monではあるのですが一度決めたら頑張っちゃうタイプなんですヨ。やっぱねぇ、例え良さそうな事でも安易に飛びついちゃいけませんよ、物事を新たに始めるにあたっては助走と言うのが必要です。助走の間に飛ぶ距離を測って足りそうに無かったらまた戻って助走をやり直す、時には諦める事だって必要ですよ←偉そうですんません、そんなたいそうなもんじゃないんですm(_ _)m
お薬

 まずは、新潟で心置きなく美味しいお酒を頂く事が出来ましたので5日間我慢する心の準備は出来ました。(たった5日間なんて言わないでね、嫌いなもの我慢するは簡単だけど好きなこと我慢するのは大変なんだから)でも、人間ただ我慢するって良くないと思いませんか?そんな所に神の助け、○○○○大名人○○○○○○姫が舞い降りてきたではありませんか。あのお方がた遊びに行くと実に過分なお土産を持たせてくれるのです(これっきりにしましょうね(汗)今回は、お酒にお米、ありがたいのですが申し訳ないの気持ちが強くとても頂いたお酒を飲むことができない、いや無理に呑もうとしても喉を通らないはず・・さて、どうしよう。
おちゃけ

 と言う訳で、願掛けとして5日間お酒を我慢したらこの頂いた銘酒をありがたく頂いて良い事にしました。(○○○○さん、○○○○○○さんありがとね、実に泣ける、嬉しいよ?わーーーーん!?嘘泣きっぽい?でも、感謝してます)いやー、早く呑みたい、おやじさまにも分けてやらねば、少しだな、つまみはなにが良いだろう、おうおう新潟から買ってきたスルメ、まだあるよなぁ、とっとかなきゃ、むひょひょひょひょ・・5日間かぁ、4日じゃあダメかなぁ、なんとか早く呑みたいなぁ・・・さてどうなるか、とにかくヨダレが止まらないg-monであった。

 追記:昨日お医者様からお手紙がありました「ピロリキ菌退治出来たかまた胃カメラでけんさしましょうね」・・おいおい、胃カメラ飲まんでいいから決心したんじゃろうがー、この○○!!!

鋸山

 以前千葉房総半島へ向かう途中そりたった大きな岩肌を見ました。こう言うのを見ると直ぐに「凄いな?登りたいな?」と思い我慢が出来ない g-mon なもんで、先日【ユウ】さんに「ナントカとナントカは高いところに・・」と笑顔で言われちゃいました。まさに、その通り(恥
館山1

 昔は、と言っても既に大昔ですが雑誌「山と渓谷」と言うのを愛読し丹沢などを友達と登った事があります。でも今は下から登る根性が無くさて?と調べてみたら、あるじゃないですかー「鋸山ロープーウエー」。そうと決まれば、さっそく出発です。
館山2

 新潟もそうでしたが、こちらも紅葉にはまだ早いようで、聞くところによると12月も末頃との事。でもこの日は日曜日と言うこともあり大勢の方が見学に来ていました。ロープーウエーで登ること約5分、絶景かな絶景かな!雲が多く遠方まで見渡すことは出来ませんでしたが天候にさえ恵まれれば横浜ラウンドパークあたりまでは、しっかり見えそうな感じです。
館山3

 展望台周辺を少し歩いてみたのですが看板に「日本寺」への案内が。大大仏45分、地獄覗き40分各往復です、歩くのは難儀な方もおられますが「キット山頂沿いだからこれくらい大丈夫」と出発すると、いきなり階段少々不安を感じながらも周囲の景色を楽しみます。海も良いけど山もいいですよねー森林浴と言うのでしたっけ柔らかな空気に包み込まれるような感じですし周囲を見渡せば和む景色や目を見張るような景色の連続でした。
館山3

 15分ぐらい歩いたところでわき道と案内がありました「百尺観音5分」切り立った岩の間を抜けて行きます。ここは昔から採石場だったところですから深くえぐられた岩肌はノミで削ったあとが長くどこまでも彫りこまれています、凄いです。岩肌を下から上えと見上げその高さを肌で感じたときその昔の砕石作業の音が聞こえてくるような気がしました。
館山4

そして、到着した「百尺観音」私は宗教について特別な思いを持ちませんがこう言った機会に恵まれると自然と心が洗われ頭が下がり手を合わせています。「皆が幸せになれますよう見守って下さいね」とお願いしました。
館山5

 日本寺は、館山の中に施設、石仏が幾つも点在する感じで配置されています。途中であった初老のご夫婦とも会話したのですが、半端な気持ちでは全てを見回ることは出来ないと思います。でも、時間にユトリがあり少し足に自信があるならばぜひ行っみて欲しいとこころです。
館山6

私達は、大大仏(高さ31m)までを見学し終わりにする事にしました。私たちの到着を待っていてくれた大仏様は、私には大変お優しい顔つきに見え「日頃は仕事でストレスが溜まる毎日ですが、時に野山を歩き汗をかき心のユトリに出会いに行くことはとても大切だよ」と教えてくれているようでした。連れ合いは少々疲れたようでしたが、今度また計画を立てて訪れてみたい、そんな場所でした。
館山8


お詫びと修正:何時もの事ですが、館山と思っていたのは 鋸山(のこぎりやま)の間違いでした(汗 マリウスさんのコメントで始めて気が付きました、謹んでお詫び申し上げ訂正させていただきました。ごめんなさい n(_ _)m

夕日ライン

 今回の旅の大きな楽しみの一つが、初めて、ふたまるさんに会ったときワザワザ走ってくれた「日本海夕日ライン」でした。

 ふたまる宅から真直ぐ海方向に抜けると海岸線沿いに走る片側1車線ですがユッタリしたなだらかな道が始まります。海岸が近いので砂が少し道路の方にも流れてきています。
日本海夕日ライン1

 ちょっと走ると防風林でしょうか?松林に囲まれナダラカナ起伏が付いた道に変わります、路面を転がるタイヤの音と耳を澄ませばモーターの音が少し、それ以外にはなんの音も聞こえない気がします。
日本海夕日ライン2

 目の前が開けたと思ったら、僅かな上りと小さな橋を超えていよいよ私の大好きな海に突き出た岩場の周りを走るコースに向かいます。上りですからエンジンを2千回転前後も回します、プリウスのエンジン音を久々に聞いたような錯覚をしました。
日本海夕日ライン3

 アクセル踏み込んで一気に登り詰め左にカーブを切ると、見えました。大きな岩に空けられた小さなトンネルに、プリウスが切り刻むカゼの音と一緒にまるで吸い込まれて行くように一気に落ちていく・・キモチイイ?!!
日本海夕日ライン4

 大好きな、アップダウンが終われば、お疲れさんと言うように、優しい海岸線沿いの道が待っていてくれました。私はこの道が大好きです「また走りに来ますね」とそっと呟き皆が待っていてくれる柏崎に向かいました。
日本海夕日ライン6


20061104


------------------------------

 楽あれば苦あり、週が変わっての初日は久々にサーバー3台がダウン!焦りました、こう言うときは日ごろ眠っている脳みそがグルグル回ります。障害から約30分後に復旧しました。関係者の皆様には、大変ご迷惑をおかけしました。(_ _)m しかし・・本当に疲れた(溜息

出会い

 先週は、新潟の皆さんに大変お世話になりました。紅葉にはまだ少し早かったですが(あと1.5週間?)お忙しい中時間を調整して頂き一緒にすごしてくれた皆さんには、大感謝、心よりお礼申し上げます「。ふたまるさん、YAMATOさん、【ユウ】さん、静@新潟さん、みやた@柏崎さん、そして越後屋ご一家の皆さん」ありがとうございました。
日本海オフ1

 今回新潟行の目的は「ふたまるさん」にT?1を届け取付に行くことでしたが、冬場に新潟に入る自信が無く、またアルバイトなどの関係から暮れは休みを取る余裕も無く、本来「ふたまるさん、YAMATOさん」には余裕がある時期ではなかったのにもかかわらず、無理を聞いてもらいました(本当にゴメンネ)。その上私だけでT?1を取付ける自信が無く「【ユウ】さん」に出動依頼、新潟まで来て頂いてそれだけでは申し訳ないので、これまた無理を言い「ふたまるさん」に『日本海夕日オフ』を立ち上げて頂き「静@新潟さん」に「みやた@柏崎さん」や「越後屋さん」の都合を聞いてもらいと、私が話をどんどん大きくしちゃって気がつけば立派な(内容の濃い)ミニオフ完成!「ふたまるさん」始め皆様のお陰です。m(_ _)m

今回、特に強く感じたのは、人と人との出会についてでした。以前失礼と知りながら「ふたまるさん」に私達は何で友達になったんだろう?と質問したことがあります。それで、今回それを確認するためにまた「ふたまるさん」とその事について話してみました。結果、私達はまだ数回しか会った事が無いにもかかわらずもう何年もお付き合いし気心が知れた気になっている。それは、やはり直接会って話をしお互いを肌で感じたことが大切だろう 、でもそれだけではなく殆ど会うことが無くてもお互いがブログをやっているので近況が何時も知れるため肌に感じた出会いが冷めないのであろう。そもそもプリウスとブログ(NET)と言うものがなかったらお互い出会う事がなかったろう。と言う結論に達しました。
日本海オフ2

 「ふたまるさん」との出会いの基本はもちろんプリウスではあるのですが、それだけだったらこれだけ深い付き合いにはならなかったと思います。声だって交わしたかどうかわかりません。先日インタビューを受けた素敵な大学生の方達も、ブログにコメントをくれたのが出会いの始まりでした。「KENくん」と友達になれたのも、「みやた@柏崎さん」と熱く燃費走行に付いて語れたのも、「越後屋さん」のカワイイ坊ちゃんに笑ってもらえたのも、「プリウス→ブログ→ふたまるさん→【ユウ】さん→静@新潟さん→みやた@柏崎さん、越後屋さんご一家」と広がっていく出会いの輪のお陰です。
日本海オフ3

 人との接触は、良い事ばかりではありません、相性の悪い場合もあるでしょうし、そもそも自分にとっての善人だけだとは限りません。それでも人である以上人は出会いを求めます、そしてそれを助けてくれるアイテムにブログと言う道具もあるのだと思います。時々大変になるけどこの私のブログを出来るだけ頑張って続けてみようかな、と。そんなふうに思った今回の旅でした。

学ぶ

 今日は新潟に来ています。東京からは随分と遠いのですが、隣の家に遊びに来たような、何時もの呑屋にもぐり込んだような、そんな気分でちょっと遊びに来ています。寝ちゃう前に、嬉しいことが幾つかあったので残して置きたいと思います。

 昨日のことになりますが、私が参加しているコミニュティでちょっとお騒がせしている方々にに昨日会社でインタビューを受けました。始まりは、彼らの代表から「大学のゼミで、何かを調べようとしているので会いたい」と言った内容のコメントが、ある日突然ブログにありました。そう、これだけでは、ニュースで連日正直な方々が騙されている事を聞かされている人にとっては「サギ?」って考えても不思議ではないですよね。

 でも、お会いしてみるとコメントそのまんまストレートで素直な方々達でした。正直ホッとしたし嬉しかったです、私だって人を疑わないわけではありません。でも、私が信じた人がやはり素敵な方々だったって分かったときの嬉しさは、違いますよね?やはり、人を信じていいのって言う不安が最初にあり自分が手を抜かずちゃんと確認し対応した結果信じて良かったと確信できた安堵感からくる嬉しさなんでしょうね。お会いした時には、心をこめた気配りをしてくれ、ゼミでの課題に真剣に取り組んでいる姿を見せて頂きました、そうとても素敵な方々でとても嬉しかったんです。
インタビュー

 もう一つ嬉しかったこと。新潟に来て高校の文化祭を見学する事が出来ました。友達の息子さんに会場を案内してもらったり、彼らの発表を見たりして久々に学校というものを思い出しました。私の学生時代は、真剣に物事に取り組んでいなかった、どうも世の中を斜めに見ると言うか、相手かまわず噛み付いていたと言うか・・こうやってちゃんと打ち込んでいる人達とそれを支える先生や家族が大勢、私の学生時代にもいたはずなんですが、いったい私はどこを見ていたのだろう?

 作品一つ一つや発表を見学しながら「学校って社会にでるために生徒一人ひとりの個性を確認し可能性を探りながら訓練をする場所なんだ」と改めて認識しなおしました。それが学生時代には一つも分からなかったんですね、それが子供と言うことなんでしょうか、自分を振り返って彼らのように直に取り組めばよかった、と大きな溜息をつきました。
文化祭

 残念ながら、私は若い時期を違った方向へ突っ走ってしまったようです。その時間は取り戻すことが出来ませんが昨日今日で得た二つの経験はこれからの私の生き方に少なからずの影響を与えると思います。そして、そう言う影響を与えてくれた彼らにとても感謝しつつ、彼らに会おうと行動を起こした自分にも気付き、そうか私もこの1年いろいろな人に出会い随分と変わっているんだと思いました。まだまだ勉強中です。

 さて、今日はふたまるさんに私の作品をお渡しする日です。
 評価はいかがでしょう?合格点もらえるかな(笑

・・!

 言うのを我慢していました。あまりの衝撃と結果が付いて来るのか?と言う不安からです。今回は、無理もあったので「鳥屋自動車整備工場」さんにお願いし会社帰りに履き替えました。
生まれ変わる

 去年は、1度も必要と思わなかったんですが、明日からは、新潟です。12月には仙台に行きたいと思っています。理由はいろいろ付けるのですが、NAVAJOさんも「ビックリするよ」って言ってたし、おお師匠さまも履いてるし・・貯金も少しだけどできたから・・買っちゃいました。スタッドレスタイヤ(ミシェランX-ICE 185/65R15)。

 これ、なに?マイプリ、うそだ・・

 そうなんです、まるで違う車になちゃったんです。以前テディーガールさんが言っていた事がやっと分かりました。要約すると「PPとGT3では走り方が全然違う、だからどちらのタイヤをでの走りかを見極めてから参考にするべき」と言った事です。
ゆれるまなざし

 この数日、何時もと同じ走りになるように気を配りました。でも、BLは今まで2から2だったのに、二日とも4から4です。M?1がないので正確にわかりませんが、たぶん30km/lを超えていると思います。信号前や前方の車が近づきすぎて慌ててブレーキを踏む事が多いです。

 ほんの少しの下り坂、今までだったら止まっちゃうのにコロコロ転がっちゃうんです。なにこれ?わけわかんない。焦ります。タイヤの音がしないんです変わりに今まで聞こえなかったモーターの音が聞こえます。スルスルってなんだかすべる感じ何です、そうなんか変なんです、私運転の仕方、1からやり直しです。
装備完了

 明日から、3日間新潟に行きます。そこで試してきます。いったいこのじゃじゃ馬みたいになっちゃったマイプリを私は乗りこなせるのか、私の運転がどんな風になっちゃうのか、とにかく試してきます。

 この車には、何回驚かされたか、本当に楽しい車です。じゃっ、行ってきます。 by g-mon

追伸:オモチャ見つけました・・今度使い方教えて欲しい。
秘密兵器

トンボ玉

 千葉では、トンボ玉作りに挑戦しました。折角の旅行ですから家族それぞれが楽しめるイベントとして選択したのですが、楽しみにしてくれてたみたいで幹事としてはとても嬉しかったです。

場所は、千葉県の「 とんぼ玉スタジオじーろ」さん、ネットで探して朝10時に予約を取りました。一応1セット2500円で約45分ぐらいの講習を受け組紐とセットでキ?ホルダ?に出来るトンボ玉が1つ出来上がると言う話でした。私達としては、出来れば自宅でチャレンジ出来るレベルまではスキルを上げたかったんですが、さてどうなる事か・・

 自宅を予定通りの7時に出たんですが、今日は平日!しっかり忘れていました通勤ラッシュです。しょうもないので嫌がるマイプリを騙し騙しで高速走行80km/h越えでビューン!(正確なところは内緒ネ)遅れるのがハッキリして怒られるかなと思いながら途中講師の先生に電話を入れたのですが逆に道など心配していただきとてもお優しい感じです。でもって着いた?!
じーろさん

 場所はペンション兼用の海に面した素敵なお宅でした。まず玄関に入ってビックリ!素敵な貝殻細工がいっぱいありました。やっぱ、なんか芸術的なお宅です。チャイムを鳴らししばらく待つとニコヤカニ現れたジェントルマンお一人。私より幾つか上でしょうか?これがなかなか分からない、意外と近かったりするんですよねー。でも、優しそうな方なのでホッとしました。

 トンボ玉製作工程

?剥離剤を塗った鉄の棒を熱する
?ガラスを溶かし鉄の棒に巻きつける
?適量のガラスを暖めながら丸く整える
?細いガラス棒で3箇所ぐらいに色付けをする
?色を溶かし込み模様を作る
?もう一度丸く整え冷やして出来上がり

 書いてしまえば、簡単な話ですがガラスによって色を良くするために炎の空気量を変えたり解ける速さが違うので炎の距離を変えたり。棒の回転速度を変えたり水平を調整したりコテで修正したりと先生のお手伝いがなければなかなか形に出来るものでは無い事を知りました。
裏アクア

 でも、作業の合間に話も弾みお昼に掛かってしまいそうだったのでムリかなとも思ったのですが先生におねだりして結局私は2つ作らせて貰う事が出来ました。出来はどうでしょう?やはり2個目の方が形がいいと思います。バーナーでガラスを暖めながら丸く整えていく作業がとても楽しいんです、解けたガラスがユックリと形を変えていくさまの美しいこと、私夢中になりました。
指導中

 こう言った観光地でのちょっとした習い事は結構多いのですが、いがいと楽しくないこともあります。それは、やっぱり講師の方とこちらとの気持ちがうまく噛み合わない時に多いのでは?トンボ玉を教えてくれた先生は、特別話し好きには見えませんでしたが、ガラスに対しての愛情のようなものを感じました。ですので、私達が楽しいと思えば思うほどその事がわかるようで、ガラスについてや難しいところや研究しているところ、はては購入先のイロハまでとても丁寧に話してくださいました。
浄化槽

 実のところ私のようなガサツ者は、芸術の事がよく分からないのですが、先生の作品に対する拘り、打ち込まれる姿勢や作品を見させて頂き、この世界には口であらわせないような大変な苦労があることを一瞬垣間見たような気がしました。この集中力と根性を私も少しは見習わなければと思いましたです、先生とても楽しい時間をありがとうございました。
先生と