FC2ブログ

自己分析

 人は、「怒り、傷付き、先の事を心配する」者ではあるのですが、私は十数年前からこの感情が薄くなってきています。少々悪戯されても怒らないし、辛い言葉からの回復も早く、起こるか分からない先の事を考えるのを止めました。

 感情が無くなったわけでは、ありません。人の話を聞いてよく笑うし、映画を観たり本を読んだりでは、涙もろくなったと感じています。周囲の人の困ったに対しては真剣に考えたりもします。ただ、今を余り後に引きずらなくなったようです。

 私は元から自分勝手で我儘です。自分が正しいと思った将来像に対しては、「なるほど!」と思える意見が出てくるまでは、まず譲りません。反論しないまでも心の中では、「少しでも将来像に近づいてやる。」と思ってます。頑固なんです。

 結局のところ「人間的に大きくなった」とか言うことでは無く、「将来の夢があり、進む方向が分かっていて、今やるべきことに忙しい」から「怒り、傷付き、先の事を心配する」暇が無いのです。私は何時も忙しい、でも最近は、休むも覚えました。
 

余計なこと?

 私は、友人や仕事を通じて知り得た、相手に不利益になる情報を決して他の人に話すことはありません。その方は困って話してくれたのですし、仕事を長く続ければ話してはいけないことに幾つも出来わします。それは、墓場まで持っていけばいいのです。

 私は、私に付いて質問されると素直に話してしまう性質です。隠して何時までも聞かれるのも嘘を言って良心の呵責にとらわれるのも嫌だから、楽に生きたいと思うので子供のころから質問されたことには素直に答えるようにしています。

 でも、私の答えが質問者の想定した答えと違った場合、面白くないと思われる方も大勢います。特に私をよく知らない人、自身と比べて環境や生き方・考え方が違うと感じる人は、強く私に当たってくる場合があります。そんな時、私も人ですから辛いのです。

 辛いのですが私は気にしません。無口になろうと思ったこともありますが変わらず笑顔で答えます。それで良いのでしょうか?相手に話を合わせる、相手に会合わない考えは伏せておく、余計なことですがそんなテクニックも時には、必要だと思いました。
 

幸せ

 幸せって何だろう?どんな時に幸せと思うか皆に聞いてみた。

 美味しいものを食べている時
 家族と一緒に過ごしている時
 目的目標に向かっている時
 苦労から解放され一人でいる時
 友達とゲームをしている時
 姉のドジを聞いて爆笑した時
 楽しい計画を考えている時

 どんな時に幸せと感じるのかは人それぞれ、皆違うようだ。

 あえて言うならば、素の自分、自分らしく居られるときに人は幸せだと思うらしい。

 自分らしいって何だろう?生まれ持った性格の周りに経験から得た性格を身に着けて私達はいる。一人一人違った性質を持った私達は、その場に合った性質を使い分けて生きている。

 そして、自分らしいと心底思える時に、私は私が幸せなんだと思える。多分、皆もそうなんだと思う。自分らしく生きていると思える時が、幸せと思える時なんだと思う。

 でも、貴方が幸せだと思う時は何時ですか?と問われた時に「目標に向かっている時の自分が幸せだと思う。」と答えるよりは、「生ビールの一口め。」と答えられる自分だったらな、とは思う。
 

おはよーう

 今朝も何時も通りに起きました。何時もと同じ、ですので特に何と言う事もありません。でも、何時かだいぶ先だとは思いますが起きない朝が来るかも知れません。まあ、私はその事に気付かないんですけどね。(笑

 その時に、「良い人生だった。」と思えたらいいですね。でも、人が生きている間に知れることは、この世の中の極々僅かです。殆どのことを知らないで人間は旅立ちます。それでも「良い人生だった。」と思えるのでしょうか?

 思える人も多いんじゃないかな?と、私は考えます。どんな人達かと言うと、その瞬間近くまで何かを知りたい,学びたいと思う人。そうで無かったとしても自身が出来ることを自分なりにその日間近まで不通に行っていた人。

 そんな人達じゃないかな?。何故か、ですか?その方が生きていると感じられると思うからです。本人は、楽しいなんて気付かないかも知れませんが良い人生には「明日も人間らしく生きる環境がある。」ことが大事なんです。
 

鈍感力

 私は、本を読むことが好きなので、漢字の読みは大丈夫だろうと長い間思ってきました。ところが最近になって本の意味を理解し次の誰かに本の意味を伝えようと思った時に、単語一つ一つの意味を疎かにしてきたことに気付きました。

 本や話を私一人で楽しむのなら、その意味は私一人の解釈で構いません。前後から仮で読んでみても、場合によっては読み飛ばしても何ら問題はありません。しかしながら、その意味を誰かと共有する場合には、問題が発生します。

 例えば、「バリアフリー」。この言葉には、「誰でも同じように生きる権利がある」と言う意味があります。障害があっても高齢者であっても貧乏であっても、「誰もが同じように生きる権利がある」、そのことを私達は忘れがちなのです。

 私は、気付きの少ない人間です。「鈍感力」と言うのだそうで、「それはそれで優れた能力だ」と教わりました。でも、もう少し周囲で起きている変化に気付き学ぶべきだと思います。会社の中だけ、業界内だけの視野では、足りないのです。