立派でない人の頑張り

 立派な人は今日やったことを今日まとめるそうです。多分ですがお酒なんて飲まないんだと思います。と言うのも g-mon は、お酒が好きで晩酌を毎日やるからです。そして、今日読もうと思った本をペラペラめくったりネットで気になることを検索したりしている内に寝てしまうからです。

 お陰様で momoさんの作る料理は上手いし今日合ったことを話してもらう会話も楽しいし恵まれているとは思います。でも、立派な人はキットもっと学んでいるのだろうな、と思います。学ぶことは楽しいし、何より多くの知識を得ていれば人の役に立てます。それは素敵なことです。

 それでも毎日晩酌をやり毎日だらだらと過ごし寝てしまいます。よほど仕事に追い詰められていなければ良い夢を見ているのでしょうグッスリ眠れます。そう、問題は仕事です。これが無ければ何も学ばないのだろうと g-mon に自信があります。強意られなければ何もしない性格です。

 世の中は上手くできて居ます。立派な人はご自分で立派な環境を用意されますが、さぼり屋にも多くはさぼれない環境を用意してくれます。今日やったことを明日取り繕うだけの時間は用意してくれます。それさえ熟せば何とか晩酌をやる言い訳が立ちます。だから頑張ります。
 

部下に対してできること

 システムを担当している g-mon の仕事は大きく分けて3つ。IT機器の運用(セットアップと保守・バックアップ)とIT機器を使用したシステムの開発(プログラムと運用支援)とIT機器を考慮に入れた経営企画になります。

 今日は、この内のIT機器の運用環境改善のために出勤、少し古くなった新人くんにも出勤をお願いしました。と言うよりも彼に教えるための休日出勤です。ですから、それなりの段取りと資料を準備してことに臨みます。

 システムの仕事の中でIT機器の運用は進歩が速く設定は細かいのですが動くか動かないかの世界に近いので分かってしまえば、ある意味楽かもしれません。それに比べシステム開発は、向き不向きが出ると思います。

 もちろん一部分だけのプログラミングでしたら理屈さえ分かってしまえば簡単です。問題は、企業全体を見渡してのシステムが組めるかどうかです。それによって人工になるかシステム屋になれるかに分かれてしまいます。

 色々と興味を持って仕事に真摯に向き合う少し古くなった新人くんの努力には何とか報いてあげたい。と言っても g-mon にできることは仕事を与えることだけです。であるならば頑張って段取りと資料の準備を致しましょう。
 

ドライブしながら思いました

 久しぶりにエアコンを入れての”TOYOTA MIRAI”ドライブ、と言いますか用があっての銀座往復、行きも帰りも渋滞に巻き込まれましたが思った程には燃費は悪くなかったです。この調子ならばカタログ燃費も可能?昔なら頑張ったりしたんですけど今はもう回りが許してくれません。

 好き勝手が許されないから誰かのためにを考えている g-mon を許す。そうでもしないとストレスが溜まります。ストレス?結局のところ自分の好き勝手をしているのですから、生き方を変えるよりは辛くとも楽なのだと思います。好き勝手をやっていると不思議に仲間も増えますしね。

 最近も嬉しいことがありました。今までは一人行っていた仕事の進め方の整理をグループに分かれてお互いに助け合い進めてくれたのです。そして良かったと言ってくれる、であるならば継続的支援さえ手を抜かなければこれからも続くと思います。g-mon に言わせれば奇跡です。

 どんな用事どんな理由や条件であっても車の運転が好きです。同じとは言いませんが皆と進める会社の舵取りも次の景色が想像つくので好きです。今の調子ならば本当に新しい景色が見れるかもしれません。エアコン入れても燃費がいいとこまで持っていくには今少しですけど。
 

達成後の夢の続き

 新しい”MRP導入”を行っているのですが比較的上手く進んでいます。なかなか上手く進まないものと聞いていたので支援してくれている会社の方に「上手くいかない会社さんと何か違いますか?」をお聞きしたところ『これほどには周りの協力が得られないのが普通です。』との回答を頂きました。

 『大体において社長命令で導入することが多いので担当者さんは真剣に取り組みます。ただ、周りの方もそうかと言うとなかなか』と言ったお話でしたが、その方たちは”自分の仕事とは関係ない”とか”大変なだけで自分の役に立つ訳でもない”と言った気持ちで受け止めているのかも知れません。

 g-mon のところでも各自の仕事との関係がハッキリ分かっている訳ではないと思います。お願いしている仕事も”MRP導入のため”と言うより”各自の仕事を管理できる状態に持っていくため”の行動です。もしかしたら社長命令で導入に当たる方もMRPの全体像が見えないのかも知れませんね。

 正直のところ片手間で導入を進めていますので決して楽とは言えませんが、助けてくれている同僚たちのために必ず数字で経営を捉えられる基礎を構築し、次なる戦略に役立てられる情報を提供できるように”MRP導入”が終わったら早々”ERP導入”に着手するつもりです。もう少し忙しいかな。
 

書庫の継承者?

 最近ちょっと古い新人くんが g-mon 書庫に興味を持ち幾冊か読み切ってくれたようです。g-mon 書庫には仕事で頻繁に確認する必要がありそうな本を会社の書棚一角を占領し何だかんだで常時100冊以上を置いています。(家に置ききれない、汗)

20170612g-mon書庫

 興味を持ってくれているのは、仕事への向かい方やゴールに始まるビジネス小説的な指導本でしょうか。ちょっと小難しく書いてある本や電子回路や法律、経理関係に興味を持つかどうかは、これから分かる新人くんの向き不向きによると思います。

 過去においても、色々な人に本を薦めてきましたが最後まで読み切ってくれる方は稀で何となく薦めるのも何だな、と思ってきました。それが最近「g-mon さんは、どんな本から知識を得ているのか紹介してくださいよ」と同僚から声を掛けてもらえました。

 今は、会合資料の端っこに書籍を記したりし一部どこから引用しているかなども分かるようにしています。本は素晴らしいです。その素晴らしい本を g-mon と言う媒体を使ってお知らせできること興味を持っていただけること、これも素晴らしいことですよね。