何のために?

 仕事を進めるには「目的・目標・課題・戦略・戦術・判断基準」の手順が必要です。システムを組むには「目的・要求仕様書・調査書・概念図・設計図・詳細設計図・プログラム・試験仕様書・マニュアル」が必要です。

 以前から気付いてはいたのですが思考のパターンは何時も同じ、それは仕事だけではなく全てに通じると思っています。ただ自分のこととなるとどうも苦手で思考が止まってしまいます。誰かのためにでしたら幾らでも考えを巡らせることができるのに。

 時間は有限です。人が「限られた時間で何かしらを残したい」と思うように作られているとしたら、それは「時間を受け継ぐ誰かのために」と言うことになるのでしょう。

 であるのであれば「前に進むのに役立つ思考のパターンを誰かに伝えたい」と思うのは自然のことだと思います。そしてどのように伝えるべきかをまた思考のパターンを使って考える。使えば使うほど洗練されていく思考のパターン、今はそれを伝えることが目標で目的は「誰かのために」?。
 

父の付き添い

 今日は、父の付き添いで国立病院に来ている。病院とは長く待つものだと知っている。沢山の患者さんがいて丁寧に対応し処置がある場合にはおのずと時間が掛かる。それでも何とかさばき切れているのであろう、大きな混乱はない。

 何の問題も無く病院を訪れるのは付き添いを除けばほぼいない。車いすを押しながら少し離れた病棟の内科に向かう。怪我や病気、心の病などもあるのであろう、見回しても元気そうな方は見つけられない。

 その中で看護師さんたちだけが明るくキビキビと動き回っている。患者さんたちはホットするだろうし付き添いにしたって声が掛けやすくなるので助かる。気付けば診て頂いたドクターもとても優しいまなざしだった。

 父の病気は思わしくない。それでも方針が決まれば後は悩んでもしかたがなくやれることをやるだけになる。病院のスタッフの方々の笑顔と優しくかけられた声に助けられ病院をでる。心は少々暗いが空は晴れやかだった。
 

曇り時々雨、のち晴れ

 前日が楽しいお酒だったので寝坊、慌てて起き出し朝飯も食べずに妹のお付き合い。最近は、仕事以外も忙しくなんだか g-mon が g-mon ではないような気がします。それもまた”たのし”ですね。

 楽しいお酒のお相手は”こまさん”と”マリウスさん”、ぽぽさん(娘)の出産祝いに来てくれました。本当に仲の良いご夫婦ですしお話は学ぶところが多く g-mon にとっても大切なお友達です。

 何事もそうではあるのですが、心の中にこれだと言うものを持っている方は強いです。何かを決めるでも行動を起こすでも心の声に従えば良いのですから。それは、g-mon にも一応はあります。

 キッパリと言えないのは、やはりよく悩むからでしょう。何かを一つに決められない性格なのですが、誰もが自分と言うものを持つべきですし、キットそれは頑固と言うものとは違うとも思います。

 自分なりの心の中のこれだと思うものは「生きていくのに大切にしたい」と思えるもののことでしょう。であるならば、それは誰かに押し付けるものではなく心の中で大事にする。それだけで十分のハズですから。
   

少しだけ頑張った後の達成感

 興味を持たれていたので一緒に会合を進めてくれている方に今回の会合ポイントをまとめるのに使用した本をお貸ししました。読まなくても良いのですパラパラとめくって挿絵などを眺めていただければと思います。

 今回の会合資料は2部に分かれていて2部目は発表用のパワーポイントの他に発表用の原稿も用意され充実しているのですが1部はほぼパワーポイントのみ。それでも発表担当者からOKがでました。

 職場リーダー育成のためのこの会合もそろそろ2年目が終わります。計画では3年間の会合を通してリーダーとして必要な経験と知識を身に着けてもらう予定ですが一緒に会合を進めてくれている方達も同じ。

 実は会合の資料の手直しで早朝4時から仕事を始めました。お陰様で会合に参加してくれている方達も会合を進めてくれている方達も達成感をここまでは感じてくれています。g-mon も感じています。
 

計画の立て方(選別)

 g-mon は10年、30年と言う長い期間の計画を立てます。まあ方向性が示されている程度で正確ではないのですが、それなりに今の状況などを本で調べ事実を補強しそれらしいきものを作ります。

 作っては見たものの長期計画ですから実際に使用するには短い期間に落し込む必要があります。何をするにも5年ぐらいは掛かってしまうし行動するには計画を月・週・日・時間に直す必要があるのです。

 しかし5年1年の猶予が与えられるとは限りません。もしかしたら大病に掛かり余命1年と宣告されるかも知れません。交通事故で明日と言う日が無いかも知れません。必ずでは無いですが有り得ないことでもありません。

 そうであったとしても計画を大きく変える必要はありません。計画を立てると言うことはそもそも何をやるかを選別していることになるからです。今、やらなくても良いことはすでに計画から外されている。ならば今を生きればいいのです。