FC2ブログ

今日は頑張ろう

 音楽。車を運転しながら音楽を聴くのが好きだ。たとえそれが通勤であっても、そんな時間が持てることを幸せに思える。

 誰かに何かを伝えることが出来る人は、幸せだと思う。食でも音楽でも雅でも、何かを作って何かを伝える才能を羨ましいと思う。

 私は、受け取るだけ。何も提供するものを持たない。少し寂しいけど、それもありだと勝手に決め込んでいる。

 伝える人がいて受け取る人がいる。受け取った人は少しだけ楽になって前に進める。いろいろなことに感謝して今日がある。
 

食事

 今朝の”すき家、まぜのっけ朝食340円”の牛小鉢は、メガ盛りでした。名札には、研修生とありましたが、先輩に怒られたりしなければよいのですが。あまりの嬉しさに、少々心配になってしまいました。

 食べる。世の中には、「どうでも良い」と言う方もいらっしゃいますが、私は食に煩いです。高価なものが好きと言うのでは無く、コストと比較し満足以上を与えてくれる食事が一番嬉しいです。なかなか出会えません。

 それだけに美味しいものを知っている人を尊敬してしまいます。食は文化ですから、美味しいものをたくさん知っていると言うことは、それだけの歴史があり深い素晴らしい文化を持っていると言うことに成ります。

 美味しいものを食べることは、とても幸せです。そしてそれが家族とともにであれば、なお美味しいです。食べるは、生きるです。生きていれば、幸せに出会えるのです。そう、今朝の牛小鉢のように ・・ 旨かったー♪ 
 

計画

 計画を立てるためには、目標が必要です。目標を定めるためには、課題と現状のギャップを理解する必要があります。ギャップを理解するためには、状況の把握が必要です。状況を把握したいのであれば、現場に行くことです。

 現場を理解する力量を得るには、足と頭と仲間達の協力を得た上での学習が必要です。この内、もっとも大切な仲間達の協力を得るは、日頃の行いが大切です。何故なら悪い事は、表に出て来ないからです。真の問題はそこにあります。

 私も問題を解いている最中にさえ、過去の感情に左右され、正しい判断に水を差してしまうことが多々あります。見えないのではなく見たくないのです。悪い事が表に出てこないのは、相手のせいでは無い。気付きの目が曇っているせいです。

 社内を見渡せば、見たくない人が大勢いるのに気付きます。一段上に立たなくてはならない仲間も例外ではありません。でも、計画を成功させるためには、正しい目が必要なのです。間違った感情は、計画が案の段階で払拭しなくては。
     

終わりのない底

 さて、同僚に渡したシステムは上手く動いていることか ・ ・ 大丈夫そうです。

 ストックは、まだまだ沢山あるのですが、仲間達に色々なものを渡しています。何れ底を着くでしょう。それで良いのです。

 そこから先で、まだ何かを受け取りたいのであれば、申し訳ないのですが、ここまで取りに来て頂く必要があります。私の底の真ん中にある深淵に来て頂くには、私だけの力では足りません。

 私の表面を一緒に眺め、満足し今は歩かなくなってしまった方もいます。とても若い方は、それとも知らず、ユックリと広く深い世界を学んでいます。人それぞれですが、若いと言うのは、やはり素晴らしい。

 もう少し皆とバタついた後に、私は、ユックリと深淵の深淵に泳ぎだしたいと思っているんです。底の底に求めているものがあるのです。
 

問題はあるけど良い感じ

 大層生意気な話ではあるのですが、この会社を見渡してみれば、関わりのあった方々中心に論理的に物事を見て考えて行動する素地が出来てきているように思えます。頼もしいです。

 関わりのあった人以外が論理的では無いとは言いません。ただ、マネージメントに置いては、知識とともに知識を体系付け自分の体になじませる経験が必要なのです。それが弱い。

 中には、直感が強く一瞬にして判断し行動する方もいます。正しいことが多いのですが、それだけでは周りが付いていけません。会社には、誰かフォローをしてくれる仲間が必要なのです。

 会社は1つの生きもので、人は個です。個が全体を見渡すことは、難しいのです。が、方法が無いわけではありません。それが論理的考えから得た知識と経験の積み重ねです。

 それを用意するのが今の私の仕事でしたが、そろそろ本業のシステム屋に戻れそうです。戻れるどころか、数年後には、大忙しになっているでしょう。大丈夫、部下も育ってます。