売れました

 「売れない」「もう止めようと」言われていた商品が売れだしました。もちろん売れるだけの魅力があった商品なのですが長い間売れず、それを誰かのせいにするような風潮がありました。販売担当者にはプレッシャーがかかり何とか売ろうと色々なお客にアタックするのですが成果が出ない。そんな商品が売れだしました。

 もちろん、売れだしたのにはわけがあります。お客を味方に付けたのです。どうして売れ出したかの話、していいですか?

 最初に商品が売れない話を聞いた時には、技術との調整をして欲しいと言ったようなことでした。「こんなに良い市場がある、技術が少し設計変更をしてくれれば、直ぐに売れる」と言ったような話だったので「どんな設計変更ですか?」とお聞きしたところ「あれとこれとそれ、ここをこうすればもっと、こっちをこうすればここに、この機能もいる、コスト押さえて ・・ 」でるわでるわ「売れもしない商品に誰がそんなにお金を掛けるの?」とお聞きしましたら「だから売れるようにするんです!」巻き込まれたのは、約3年前のそこからです。

 確かに顧客の情報は沢山ありました。面白い話も沢山。そしてこんなことも言われました。「A営業マンは、やる気が無い、もっとお客を訪問するように指導してくれ、そうすれば売れる」と。

 私のやったことは、その逆でA営業マンに対し「週3日以上仕事をするな」でした。そしてもう1つの指示が「お客を選べ」です。

 お客は、大きく層別して3種類あります。「市場規模の大・中・小」です。そしてお客の担当者にも3種類あります。「やる気・やる能力の大・中・小」です。A営業マンは優秀な方なので「市場規模が大~中の上で担当者または重役にやる気と能力があるお客を書き出してください。」と言ったらすぐに4社+2社選び出してくれました。これくらいの数なら1月に3日でも回れます。また、技術的ノウハウが必要な部分では協力してくれる担当者も1名コンビとして選任しました。

 そこからの、営業活動は楽しそうでした。A営業マンには週2日の余裕があるので「客の話をじっくり聞ける・実験などに時間を掛けられる・難解な部分もフォローが受けられ、しっかりした回答が出来る・客が困った時や客に頼られた時に対応できる」であれば当然、客に好かれます。もちろんA営業マン本来のスキルが高かったからですが。

 その後の報告を聞いていて面白かったのは、「客のスキルが上がる→・商品を理解し使い方を工夫しだす→商品を使って成果を上げた→成果を伝えたくなりPRしてくれた→その話が海外まで伝わっていた」なんと何時の間にか会社全体に波及していたのです。

 最近こんなことがありました。海外事業所に「商品の問い合わせがあり、本社に概要を聞き訪問したら、知らないふりで聞いていた客の方が詳しくてとんとん拍子で受注をもらえた」たそうです。

 この話には、まだまだ続きがあるのですが、時間です。売れなかった商品が売れる。売れるんですねー、不思議に。
 これもフィクションです。(⌒-⌒)ニコニコ
 

伝え方、その?

 「分かりましたよ、言われた通りにしますから言ってください」と言われてしまいました。違うのです『ご自身で考えて行動してほしい』と言っているのです。問題は、どのようにすれば『自分で考えて行動できるように成る』のかを g-mon が理解していないところにあります。

 物事を大きく捉え、その対象と目的に合った基準で整理し、見えてきた事柄を組み立てて課題を明らかにし、どの順番で改善していくべきかを考え筋道を吟味し、行けると判断できれば小さく試し、手応えがあれば本格的に根回しし、仲間を説得し、行動を確認する。

 言葉にすればたったこれだけのことです。そもそも個々の目的と目標はボンヤリとでも見えていると思うのですが実際の組織的活動との関連付けが頭の中で結びつかないのでしょうか?それとも目的と目標を時々忘れてしまう?何を糧に行動しようと思うのでしょうか?

 できる範囲で「あなたの行動が相手に伝わり、伝えた相手の行動がその部下たちを幸せにする」と説明しました。後ほど「その通りに伝えました、やってみます」の返事を頂きましたが、できれば「考えてみて、それも筋が通っていると思えるのでやってみます」が良かった。
 

野望?夢ですよ。

 この時期、年に1度ですが営業の同僚とお酒を酌み交わします。色々無理をお願いしているのでお礼の気持ちからですが、よく頑張ってくれていますし最近は楽しんでくれているようにも思われます。

 仕事をお願いする時には、何のためにが必要です。その上で落とし込めるぐらいの大きさにちぎって渡す必要がありますが、これも相手の器に合わせて加減が難しいのですが同僚には、ザックリです。

 同じ目標に向かってもう5年以上やってますから、気心も知れてきているし何よりブレが少ないので同じ事を繰り返し説明する必要も無く、ポイントだけ確認すれば、後はお任せ、頼りになります。

 そんな仲間が2ケタに届くかぐらいの人数、会社に居ます。やりたい事があるのです。それに向かって1歩づつ、そして必ず辿り着いてやると言う覚悟があるのです。仲間と一緒に。
 

最速のロバさん

 本当に、アッ!と言うまでした。

 お昼休み少し前、携帯に「着きました」メッセージが届きます。あらま、本当に浜松から来てくれました、何ともご苦労な、とは思いましたが、様子が聞けて、それはそれで良かったようです。

 取りあえず、以前すーさん号から外した「M-1」で動作を確認してもらうと、これで良いとの事、週末、取り付くようチョット改造して「最速のロバさん」宛に送ると約束しました。

 その後「食事でも」と誘いましたが「食べてきたから」と言うし「何か貰うならやらない」と言うのに大量のお土産置いて行ってしまうし、慌ただしいったらありゃしない、照れ屋で気使いの良い人です。

 その後「M-1」出もとの、すーさんに電話しましたが連絡が取れませんでしたので日持ちのしないお土産は胃袋に、また今度の機会に、お土産をお渡ししましょう。

 何となく良い感じで繋がってるプリウス界、g-mon もその端っこに置いておらってるんだなって、チョット嬉しい慌ただしさでした。
 

スケート

 と言っても優勝された羽生選手のお話ではありません。(素晴らし方ですねー♪)このところの朝方路面のお話、スノータイヤに履き替えたので良かったのですが連日路面凍結、黒く濡れているダケかなどとユダンするとツルンのアイスバーンがあちこちに発生中。

 朝が早い事もあるのでしょうが遅い時間まで日陰になる場所もあり、この時期普通の皆さんは車速を下げ車間距離を取って走ってくれます。が中には兵も、信号で止まるとピッタリついていた後ろの車が止まれないのに気づき逃げたのでギリギリセーフ。

 g-monもその1人なのかもしれませんが、何にしろ誰でも少し考えれば分かりそうなことを考えない人が居ます。不思議なもので自分の固定観念、常識、経験では、普通と思っている事が実は不自然だったりする。それを個性と言って良いとも思えない。

 それを注意してくれる仲間はいますか?気付かせてくれた本に出会ったことはありますか?赤信号、後続車も居なかったので車を降りて話しかけました。「この時期、車間距離を取らなきゃダメじゃん。あとスノータイヤね」・・「すみません」と言ってくれました。