fc2ブログ

触れ合う

 人と接するのは、苦手ですが仕事柄、濃密な接触を多くの方とすることになります。同僚達を見ていると必ずしもそうでもなさそうですが私は、接触が楽しいです。それは、こちらが真摯に接すれば、同じように返してくれるからです。

 もちろん接し方は、それぞれの方に合わせてとなりますが工夫をしながら何時でも真摯に接すれば、笑顔や一言が返ってきます。それは、何も無かった世界に一筋の光が差したようにも感じられる今まで気付かなかった世界です。

 話変わって、このご近所さんとの交流は、momoさん(嫁)中心ですが物のやり取りや様々な活動があるようです。そんな訳で私も苦手と思いつつお礼を述べたりすることになります。話せば笑顔が返ってきて少し長話になったりします。

 だいぶ慣れましたが苦手ではあります。多分ですが仕事が無くてmomoさんがご近所と接するタイプでなければ、私は誰とも口を聞かないのではないし接しようともしないのではないでしょうか。それは寂しい気がしますが楽なんです。
 

なんにも

 昨日も今日も人手不足、足りない人数で仕事を回します。流石に実力不足の私でも当てにされます。2年間無欠勤、誰よりも早く仕事を始めギリギリまで働いています。何故って?どこの仕事も追い付いていないからです。

 時間に余裕があった頃は、資料を読んだり利用者さんと散歩に出かけたりしましたが、今はそれも無し、酷いものです。そんな中、一人退所する方がいます。理由は、お金が無いとのことです。迎える準備も危ういのに。

 私には、私に出来る事しか出来ません。世界人類を幸せにすることも出来なければ世界に役立つ何かを生み出すことも出来ません。ズルいのでやれば出来るかも知れないけれどやらないと思います。単なる保身です。

 何度も過ちを繰り返し何度も手をこまねいて来てしまったので後悔の山に埋もれてしまい出てこれません。いいえ、その場所に安住してしまったのです。これからも山のように後悔を繰り返すのでしょう。それが私なのです。
 

チーム

 要領の良い人は要領よく、真面目な人は真面目に、まあ、平均の人達もそれなりに、人でが足りなくて足りない人数で無理をするものだから文句もグチも出るのですが、頑張っています。偉いよなー、何だかんだで尊敬しています。

 別の職場ですが、また一人退職者が出ました。産休を取られている方も2名います。新しい人は、なかなか入って来ませんし入って来ても続きません。そんな大変な仕事を何の因果か続けている方々、誰もが凄い人たちなのです。

 言っては何ですが今の私でなければ、この職場に勤めようとは思わなかったと思います。そう言えば、国会答弁でもこの仕事の賃金が安すぎると言っている方がいました。どうしてこの仕事?と聞けば、他を知らない他は無理など。

 でもね、金銭的肉体的にキツイ仕事だと思うのですが、他では得られない経験や嬉しさ(喜びとまでは言わない)を味わえる仕事ではあるのです。ムッチャ忙しいところを何時もお手伝してる方が手伝いに入ってくれたのもその一つ♪
 

ドM?

 仕事が、キツければキツイほど燃えます!課題が難しければ難しいほど好きです!その後の快感を覚えてしまったからだと思います。なんだよ、出来るじゃないか!この程度なら超えられるね!まだまだ行けますとも!そんな快感が大好きです。

 頂ける報酬よりも随分と多くの結果を残したいと思っています。まあ、今の報酬は低過ぎるように感じてはいますが、ならばその数十倍の価値を生み出したい!と自然に思ってしまいます。ずっと、そんな風に働いてきたようにも思えます。本当か?

 自分では、ドSだと思っているのですが、前職でも同僚からそのように言われたことは、ありました。意味が分かりません。私の働き方の何を見てそのように言われるのでしょうか?不通にチャレンジして不通に頑張っているだけだと思うのですが?

 いつぞや心理学で学んだブラック企業で思考コントロールされて何も考えられずに働き続けて自殺して行った方々とは随分と違っていると思っています。ただ、前職でもこの職場でも同じように言われると自信が無くなってきます。私、大丈夫かな?
 

対立関係

 今の職場のトップがボヤいています。「労務費がかさみ経常が悪い」「出産・子育て中の社員が多く夜勤帯が埋められない」そして「人が足らず現場に負担を掛けている」。就任されてまだ数年なのだそうですが相対する問題を抱えているようです。

 私の立場からは、経営の実態が見えません。ですが大凡(どんぶり勘定は得意)の見当は付きます。基本、設備と人件費で運営して行く法人ですので税制面での援助があったとしても儲けを出すのは、難しいと思います。が、儲けなくて発展無し。

 悩んでください、頑張ってらっしゃいますからキット良い糸口が見つかるでしょう。ただ、今しばらくは辛い経験を積み重ねなくては成らないかも知れません。相対するように見える問題を一つの要因に繋ぐことが出来なくては、解決出来ないのです。

 出産・子育て中の社員が気持ちよく働ける職場が作れれば、労働力の安定化が計れます。知る限りは、職員一人が見る利用者数は、業界平均より多いのも事実です。個々の経験が資産であり法人としての資産が少ないとも思います。頑張って!
 

定時で帰る

 利用者さんに対応をするには、個々に細かな指示があり、プラスして私が気付いたすべき処置と少しでも負担に成らない工夫が必要です。例え時間が無くともやるからには、チャンとやると決めていますので時間は、それなりに掛かります。

 個々の処置に対する動作は、研究の甲斐あってそれなりに早くは成っています。少し早く出勤し予定を確認し準備を済ませておく等の工夫も怠りません。それでも時間イッパイで少し何時もと違うことが発生すると時間内に終われません。

 時間内に終わらそうと無理をすると指示の在った処置を抜くことになってしまいます。交換しようと思っても今少し大丈夫と判断が遅れます。振り返って見るとやるべき後処理が抜けてしまっていたりします。そんな無理を何度か見てます。

 これは、担当者の問題では無く経営者の問題です。もしかしたら社会の問題かもしれません。場合によっては。ご家族の責任でもあるかも知れません。でも、責任を取るべきは、担当者だと思います。やるだけやり出来ないと伝えるべきです。
 

g-mon

 プリウス仲間達から「g-monさん」と呼んで頂けていたのですが、仲良しのユウさんが「gさま」と呼び出して「じじいみたいだからヤダ!」と言ったのですが「さまがついてるから良いの」と押し切られ多くの方が、その仇名で呼んで下さるようになりました。

 今の職場に移って2年が立ちましたが、最初の数か月が立った頃、仲良くなった方が、やはり仇名を付けて下さり最近では仕事は出来るけどツンとしている先輩まで、その仇名で呼んで下さる(抵抗はあったでしょうに)ようになりました。チョット嬉しい。

 今年の目標は、利用者さんや同僚から笑顔を頂くでしたが、ほぼ達成できたろうと思いましたので、それではと”苦手の利用者さんを克服する”目標を追加し実践しています。それとは関係ないのでしょうが、最近一部の利用者さんから仇名で呼ばれます。

 中には、仇名を直ぐに忘れてしまうので何度も他の利用者さんに確認しながら仇名で呼ぼうとして下さる利用者さんもいらっしゃいます。それが嬉しいのです。本気で嬉しいから態度に嬉しいが出て、それが他の利用者さんや同僚にも伝染していきます。
 

環境の違い

 この職場は、女性中心で構成されている感があり当然、結婚出産が有り子育て中の女性は、日勤中心になるよう工夫されています。ところが、この人手不足で日勤の方々が帰った後に人が居ない時間が出来てしまいました。

 それが私の休憩時間に当たるため気にせず働いていたのですが、最近一部の方がそれではと私の休憩時間を約1時間早めるように決定しました。はい、日勤の方が帰られるタイミングで仕事に戻れるように考えたのです。

 結果、日勤の方が帰られる前にある区域に人が居ない時間が出来てしまいました。気にせず働いているのですが、今後はどうするのでしょう?少し深く考えれば、分かりそうななのですが私と違い守るべき家庭があるのです。

 知り合いの職場は、男性が多いので安定しています。悲しいかな、女性の多くは、仕事が終わってから子供を迎えに行き食事の準備をし洗濯をしなくてはなりません。私は、帰れば食事の用意が出来てます。無理すべきは私です。
 

職業の違い

 その昔、センサの生産改良に携わっていた頃は、L(インダクタンス)やC(キャパスタンス)の理論や構造、作り方などによる特性の変化を調べ実験し失敗し基本設計を変更したり設備や検査方法の改良を計画的に実施していました。

 調べる気になれば、幾らでも資料が転がっていましたし議論をする環境もありました。そして何よりは、褒められることは無くとも失敗から学び実験から得た結果を製品に反映し直接利益に繋がる達成感を味わうことが出来たのです。

 残念ながら、経理が苦手な上司には、認められ無かったのですが何でも出来ましたし結果を味わうことも出来ました。技術を深く幅広く学びマネジメントについての学習に繋げて行く。発展途上の小さな会社だったから出来た事でした。

 今は、色々と立場と環境が違い利益云々の話は、分かりません。そう言った意味では、面白さの醍醐味は減ったのでしょう。でも、前職では味わえ無い日々の変化、失敗を考え工夫する事から生まれる誰かの笑顔を直接味わえます。
 

自分の為

 プログラムを作ってあげた先輩は、上司に課題の終了を報告し周囲に少しばかり自慢し満足された様です。価値を出すには、あと数カ所修正が必要で価値を広げるには、紹介し使い方を教えるなどが必要ですが、行われることは無いでしょう。

 ある先輩は、移動して来た方にもっともらしく無理な課題を投げかけ満足そうでした。移動して来た方は、意地になって頑張られたのでしょう時間内に課題を達成しました。が落しが散見されます。しかし無理を言った先輩のフォローはありません。

 下から上は、よく見えるを実感しています。以前の私は、もっともっと酷いものだったのだろうと思います。いやいや、自分のことは見えないものです、今だって傍から見れば酷いものなのでしょう。余計な言動や適切でない行動があると思います。

 完璧な人なんて居ませんから。それでも、昨日は普段無表情の利用者さんから素敵な笑顔を一瞬頂くことが出来ました。凄く嬉しかったのです。ですので、誰かの為では無く、誰も見ていなくとも、一瞬の笑顔の為に自分を磨きたいと思うのです。