仕事での競争相手

 教えたことでも、その場で使えると言うとそうでもないようです。と言うのも2日前に教えたことを指示したのですが理解できずに行動に移せませんでした。俗に言うパニック状態だったのだと思います。でも、それが普通です。いえいえ、にさんの指摘で立ち直りシッカリと作業を熟してくれましたので彼は優秀です。

 逆にある会合で相手の話を十分に確認せず話を進めてしまったために覚えて頂いたことの復習になってしまい無駄とは言いませんが相手を過小評価してしまった g-mon は恥ずかしいと感じてしまいました。彼もスケール感のある話によくぞくらいついて来てくれるものだと感心させられています。彼も優秀です。

 このところ感じるのは g-mon の周りは優秀な人だらけ、と言うことです。このままですと g-mon が遅れを取ってしまいます。彼らが次のステップに上がる前に準備を整えて置かなくてはなりません。今の立ち位置は、まだまだ表舞台に近い位置にいますが、いよいよ本気で裏方に回っての支援を行う準備です。

 昔も今も今後も部下や同僚とは何時も競争です。時々奢ってしまったり調子に乗ってしまったりしますから g-mon は凡人以下であることを忘れずに人の3倍考え行動する覚悟が必要です。それで何とか彼らに付いていくことが出来ます。優秀な人たちとの仕事は楽しいですが大変でもあります。
 

会社が大きくなるということは

 他社SEさんに休日出勤をお願いしサーバーの設定をしました。g-mon に出来ないと言うわけではないのですが最近は依頼することが増えています。簡単に言えば後輩に引き継ぐためにです。技術・技能を引き継ぐには時間がかかりますが技術・技能がある他社SEさんを紹介するのは簡単ですから。

 会社に残すベキ技術・技能と他社の力を借りた方ご良い技術・技能の違いはハッキリしています。自社の強みとなるノウハウや独自性は残すべきでしょう。多少は、どこにお願いするか考えますが一般的になった技術・技能は、依頼先も多く価格競争も盛んですので任せた方が得です。

  昔は小さな会社で何でもチャレンジでしたから安心は考えませんでした。小回りが利く小さな会社さんは魅力的ですが g-mon が頑張っているのと同じことになりかねません。大きな会社さんでも有能な方が辞められると厳しいですがそれでもパイプは太い方が切れることが少なく安心です。

 もっと言えば自分のことなら自分で何とかする、しかないと思い頑張ってきましたが多少大きくなった組織となれば安全マージンを多少は大きく取らなくては、と思うようになります。でもね、それって詰まらない。昔のようにガンガンと行っていた方が仕事は楽しかったように思います。
 

立派でない人の頑張り

 立派な人は今日やったことを今日まとめるそうです。多分ですがお酒なんて飲まないんだと思います。と言うのも g-mon は、お酒が好きで晩酌を毎日やるからです。そして、今日読もうと思った本をペラペラめくったりネットで気になることを検索したりしている内に寝てしまうからです。

 お陰様で momoさんの作る料理は上手いし今日合ったことを話してもらう会話も楽しいし恵まれているとは思います。でも、立派な人はキットもっと学んでいるのだろうな、と思います。学ぶことは楽しいし、何より多くの知識を得ていれば人の役に立てます。それは素敵なことです。

 それでも毎日晩酌をやり毎日だらだらと過ごし寝てしまいます。よほど仕事に追い詰められていなければ良い夢を見ているのでしょうグッスリ眠れます。そう、問題は仕事です。これが無ければ何も学ばないのだろうと g-mon に自信があります。強意られなければ何もしない性格です。

 世の中は上手くできて居ます。立派な人はご自分で立派な環境を用意されますが、さぼり屋にも多くはさぼれない環境を用意してくれます。今日やったことを明日取り繕うだけの時間は用意してくれます。それさえ熟せば何とか晩酌をやる言い訳が立ちます。だから頑張ります。
 

部下に対してできること

 システムを担当している g-mon の仕事は大きく分けて3つ。IT機器の運用(セットアップと保守・バックアップ)とIT機器を使用したシステムの開発(プログラムと運用支援)とIT機器を考慮に入れた経営企画になります。

 今日は、この内のIT機器の運用環境改善のために出勤、少し古くなった新人くんにも出勤をお願いしました。と言うよりも彼に教えるための休日出勤です。ですから、それなりの段取りと資料を準備してことに臨みます。

 システムの仕事の中でIT機器の運用は進歩が速く設定は細かいのですが動くか動かないかの世界に近いので分かってしまえば、ある意味楽かもしれません。それに比べシステム開発は、向き不向きが出ると思います。

 もちろん一部分だけのプログラミングでしたら理屈さえ分かってしまえば簡単です。問題は、企業全体を見渡してのシステムが組めるかどうかです。それによって人工になるかシステム屋になれるかに分かれてしまいます。

 色々と興味を持って仕事に真摯に向き合う少し古くなった新人くんの努力には何とか報いてあげたい。と言っても g-mon にできることは仕事を与えることだけです。であるならば頑張って段取りと資料の準備を致しましょう。
 

ドライブしながら思いました

 久しぶりにエアコンを入れての”TOYOTA MIRAI”ドライブ、と言いますか用があっての銀座往復、行きも帰りも渋滞に巻き込まれましたが思った程には燃費は悪くなかったです。この調子ならばカタログ燃費も可能?昔なら頑張ったりしたんですけど今はもう回りが許してくれません。

 好き勝手が許されないから誰かのためにを考えている g-mon を許す。そうでもしないとストレスが溜まります。ストレス?結局のところ自分の好き勝手をしているのですから、生き方を変えるよりは辛くとも楽なのだと思います。好き勝手をやっていると不思議に仲間も増えますしね。

 最近も嬉しいことがありました。今までは一人行っていた仕事の進め方の整理をグループに分かれてお互いに助け合い進めてくれたのです。そして良かったと言ってくれる、であるならば継続的支援さえ手を抜かなければこれからも続くと思います。g-mon に言わせれば奇跡です。

 どんな用事どんな理由や条件であっても車の運転が好きです。同じとは言いませんが皆と進める会社の舵取りも次の景色が想像つくので好きです。今の調子ならば本当に新しい景色が見れるかもしれません。エアコン入れても燃費がいいとこまで持っていくには今少しですけど。