安らぐ時

 優しさって何だろう? g-mon の周りの人は皆さん優しい。こんなに甘えてしまって良いのだろうかと思うほどに優しい。我儘放題に生きているから余計そう感じるのか、とても大切にされていると感じている。

 当然皆さん自身のことが一番であることは間違いない。「いえ!私は子供が」と言われる方もあるかも知れないけれど、それさえも自分の思いなのだから自分のことが一番大切と言うことから外れはしない。

 それなのに何故か大事にされていると日々時々に感じる。嬉しいと感じ安堵を感じ楽しいを感じれる。そんな家族や仲間に囲まれていると心から思える。それだけに「何故?」が気になる、答えが見つからない。

 キット「優しさが何なのか」が分かれば安堵するのでは、と思っている。「何故優しくしてくれるのだろう?」と考えないですむようになる気がしている。余りにも自分中心に生きていているので不安、安堵が欲しい。
 

何かからの卒業

 「自分自身の小学校卒業式を覚えていますか?」幾人かの方にお聞きしました。中には「高校の時より覚えている」と言う方もいましたが大体はうる覚え g-mon も小学校の正門前で撮られたであろう写真は知っていますが卒業式自体は記憶にありません。

それに対して我が子の卒業式は何と誇らしいことか。この気持ちはお母さんならなおさら、同僚に「卒業おめでとう」と声を掛けたら何とも優しい笑顔で「ありがとうございます」と返してくれました。幸せをおすそ分けして頂いた気分です。

 人の成長を見るのは我が子に限らず幸せな気持ちになります。この時期は卒業式の帰り道であろう家族の集団に出会うことがあります。会社では昇給昇格などもあります。どれも成長の証です。でも同時に学校を離れる、職場を離れることもあります。

 同僚が職場を離れます。何かをしてあげられるなどど思うこと自体が間違いなのですが何もしてあげれなかったと悔やまれます。過去と他人は変えられません。今の自分を励まし離れた方には次のステップを楽しんで貰いたと願います。
 

失敗してしまった時

 先日のクラス会集合写真が届きました!写っていませんでした?そう言えば何枚か撮っていましたが1度だけ椅子の片付けに外れた記憶があります。ある意味、持ってます。

 タイミングを逃すと言うのはよくあることで後で後悔しても同じ時間は二度と戻ってきません(と思ってます)。であるならば失敗をしないようにと慎重にことを運べばいいのですが性格が邪魔をします。

 それが何故か可笑しいのです。自分を見て滑稽に思えると言うのは時間のゆとりは無くとも心のゆとりがまだ幾らかはあると言うことで、幸せなことなのかも知れません。

 人に決められるのではなく自分自身で決めた自分の個性の良し悪しは一度おいて置いて、今の時間と今の結果を少し離れた所から楽しむ。これはなかなかの贅沢だと思います。
 

ブログへの思い

 昨日のブログを読んだぽぽさん(嫁に行った娘)に心配されてしまいました。ありがたいです。でも、何回もいろいろなことを経験してここまで来ていますから大丈夫ですよ。

 ブログは日記です。ですので思った事を思ったように書けばいいのだと思います。ただ、それをたまたま読んで感じるのは読み手です。意図しないことを感じられ不快に思われることも多々あるのではとも思います。

 今日書きたかったのは、g-mon が大切と思っている会議の進行係(2名います)の方が「子供の卒業式が終わったら直ぐに会社に戻る」と言ってくださり、もう一人が「小学校の卒業式なので出来れば終わった後も一緒にいて欲しい」と言ってくれたことです。

 「任せます」と答えました。嬉しかったのです。説明をちゃんとすれば会議参加者全員で言葉には出さないでしょうが卒業をお祝いできます。その時その時で一番大切なことを優先し必要であればカバーできる方法を考える。それも必要な経験なのです。

 今日の日記は如何だったでしょうか?コメントがあまり付かないブログですから一方的な発信になります。間違った(嫌な)情報を届けてしまっていることも多いのかもしれません。でも、沢山幸せを頂いていますから嬉しかったこと学んだこと中心に、書きたいと思っています。
 

少し憂鬱な週初め

 不本意なのですが無理無理でことを進めています。当然落とし穴が沢山待っていることになります。気が重いのですが頑張るしかないのです。長い間にはよくあることなのです。経験ありますよね?

 昔読んだ「緑の指」と言う本に「心配事は色々なとこから忍び込んでくる」と言う一説がありました。確かに少し油断しただけで心の中に忍び込んできて何度も何度も心配事を繰り返します。嫌になる。

 でも、気にする事は無いと知っています。だって気にしても何も変わらないし、そもそも心配事が本当に起きるのは稀ですから。それでもその時々は辛いものです、悲しいものです。耐えるしかありません。

 少し経てば状況は変わります。また有頂天になれる時が来ます。また落ち込むと分かっていてもその時はそのことを楽しみます。さて今日も始まります。楽しくやろうと思います。仲間が待っています。