何時も感じていること

 ある一面を見ると随分と酷い状態なのですが他方面を見れば、そこそこ良い感じであれば、良い感じが正面であり、酷い状況には背を向ける。ずるいようですが精神的に楽ですし、どんな状況も時間が解決してくれます。

 目の前のことに縛られている人を見るとモッタイナイと思います。考えがそこで止まってしまうので周囲が見えません。結果、楽しいことが楽しくなくなり、成果も出にくくなります。少なくとも更に大きな成果は望めません。

 経営においても同じです。ビジョンを達成するために今”AI”を調べ学び始めるのは、宜しいと思うのですが”AI”を知るために”AI”を学ぶのは、楽しくないですし成果も出にくいものなのです。人は夢があれば楽しいのです。

 利益ばかりを追ってもいけないし、さりとて利益に真面目に向き合わなくては何にを価値としているかがボヤケルので最低、財務・顧客・成長・工程の視点は、押さえたい。世の中の見方、考え方をもっと学びたい。
 

嫌い?好き?

 前回2016年に見直した20年計画作成時、今の商売に危機感を感じ、新しい企画を幾つか立てたので、企画が現実に成る環境を用意しだしています。その環境で作るのは商売のための武器ですので武器を使いこなせる人についても考えだします。

 2011年の時には、ERP+α(人・物・金・情報+時間・知恵)までは、考えたのですが電気自動車を使って戦いの戦場を移そうとする力が想定以上に強く、表明された各国の2030年~2040年と言う目標値、焦ます。小さな変化にも簡単に十年掛かるのに。

 ただ、変化は嫌いではないし、変化にはプレッシャーが必要なのだと言うことも g-mon 成りには理解しています。変化の予兆があった時(今回のようにハッキリ表明されていればなおさら)危機感をキチット持ち、変化に対するビジョンを素早く構築する。

 ビジョンが出来れば経営理念や方針と照らし合わせて大きな目標を幾つか設定し、そこにどの様に到達するかの仮説を立て、振り返って今年、今月、今週、今日何をするかを考える。それって面白そうだと思いませんか? g-mon 嫌いどころか好きです。
 

よく眠れた

 昨日は疲れてしまい最後の確認もせずに退社、早めに寝床に入るも興奮していたので”落ち着いて考えろ”と言い聞かせてみたところ”全体としては上手くいってるじゃないか”と言う結論に達し熟睡できたようで今朝がたはだいぶ楽でした。

 人間気にしだしたらキリがありません。欲も深いものです。その上、直ぐに調子に乗り自分は賢いなどと勘違いします。賢い人間なんていやしません、みなさんどんなに頑張っても死ぬ時には知らないことの方が多い状態で、ハイさよなら。

 であるならば、今できることをチャンと行ったとしたらそれで良しとしなくてはなりません。そして相手のことは気にしない。喜んでもらえれば嬉しい、喜んでもらえなくて普通、嫌われてもそれは相手の勝手、好きにして頂いて結構、気にしない。

 色々なことを置き換えて考える訓練を長くしています。結果として物事の本筋が見えたり新しい考え(応用ですけど)が浮かんだりします。そして時にぐっすり眠れたりします。まだまだ訓練は続くでしょうが気の持ちようの改善は、役立ちます。
 

最近と本

 以前読んだ本の内容一部が他の本に記されていたり、g-mon が仕事で使っている言葉の表現が本で紹介されたり、最近そんな事が増えました。何だか嬉しいのですが、そろそろ選ぶ本の範囲を広げるべきなのだろうか?などとも思います。

 最近は、本を読む時間が確保できず毎月読み終えられる本は1~2冊、QCサークル誌なども含めると今少し増えます。それに斜め読みが中心の読み返す本が数冊。これが g-mon の全てなのですが最近とみに専門書から遠ざかっています。

 本には種類かあります。その中で今、必要に感じるのは、知識を探求する本と知識を繋げる本の2種類です。学んできた知識を他の知識と繋げられる本を選んで次に探求すべき知識を探す。学んだ知識からビジョンに繋げる仮説を立てる。

 一時期は読み漁っていましたので単純累計で楽に千冊以上は読んでいることになるのですが最近読む量が減っています。実践に時間を取られているからです。その方がいい。学ぶだけの知識より仲間の役に立てられる知識の方が楽しい。
 

我がままな生き方

 1月近く孫を連れて里が入りしていた ぽぽさん 旦那様がお迎えに来て見送る時に momoさん 涙ぐんでいました。自然に泣けるのだそうです。そう言うものなのでしょう。

 考えてみれば、仕事ばかりの g-mon です。もっと言ってしまえば、自分のことばかりを考えているのです。反省と言うか何かタイミングが合えば無理してもと思ってます。

 ただ、今は必死。とにかく目の前の難題を片付け無くては結局前に進めません。逆に言えば片付けてしまえば、また前に進めますから必死です。必死を楽しんでいます。

 昔は、なにも考えずに立ち向かっていましたが今は少し違います。過去の経験で言うと、こういうことって今しか味わえないんです。まったくもって自分勝手でごめんなさい。
  

運転初心者

 以前書きましたがお恥ずかしいことに g-mon 免許の色はブルー。約10年前に信号の表示の仕方が変わり、気付かなかった g-mon は、直進と左折のみ許された交差点内にソロリソロリ、対向車が途切れたところで右折したら、後続のパトカーがサイレンを”ウー”。その前後が模範生だったからなのか3年たっても免許の更新案内が来ず今日に至りました。やんなっちゃう。

 お陰様で、やっとゴールドです。そうなんですよね、スピードや駐車違反など分かっていて法違反をする人もいますが g-mon のようにポカミスで違反をしてしまう方も多いのでは?結局のところここでもムリ・ムラ・ムダがあり長く運転をしている気にはなっていますが標準化された正しい運転の仕方が身についていないことが分かります。なので安全運転の練習再開です。
 
 こことか””JAFがおしえる運転のニガ手克服 1・2・3”参考になりそう。
 

只今引継ぎ中

 今朝早くからサーバーのメンテナンスに掛かっています。週初めに掲示板を見て会社受電設備の定期点検実施を知ったのです。焦ります。バックアップは、あるものの万が一勝手にサーバー電源を落とされてデータが消えたら受注も発注も在庫さえ分からなくなってしまいます。

 今までは、事前に相談があったので新人君たちの研修も兼ね一緒に対応していたのですが今回はその余裕もなく事前に練習できる機器だけお願いし後は g-mon が何とかします。もちろんすでに手は打ってありますがこの辺の仕組みも今一度確認し修正しておく必要があります。

 できるだけのことはしますが伝えるべきことに気付かず、キット退職してから同僚や後輩たちを苦労させるのでしょうね。何とかなることならいいのですが何ともならなさそうならば連絡してもらえるようにしておきたいと思います。それに新しいことを始める時も一工夫を考なくてはね。

 正直、今は同僚たちの発想が追い付いてきていないのだと思います。でも、もう少しなんです。標準化、基本はそれです。何が重要で何が不要か整理して手順を落とさないように整頓し忘れないように何時も清潔、定期的に清掃、そしてちゃんと後輩たちに引き次ぐ、その日まで頑張る。
  

たった1つの理由

 もう少しで品質管理プロセスの芽が出ます。環境を整え仕組みを作り、そして何より人を育てるに3年かかりました。現段階においては全ての人が理解してくれているわけでは無いでしょうが、品質を守る縦横の仕組みに対してしっかり不満を感じてくれるように成りました。目的と目標さえ共有できれば、新しい仲間達が品質管理プロセスの芽を育ててくれると信じています。

 何を成すにも時間がかかります。トップダウンでさえも1年や2年は簡単に費やしてしまいます。ですので人を育てながらの3年は、 g-mon 的には驚異的早さだと思っています。そして、これから更に3年、品質管理プロセスを形作ると言う仕事を通して、メンバーと共に更に成長してくれることと思っています。g-mon と仲間達は、それができる環境作りと継続支援を行います。

 思い起こしてみれば難解だと言われていた g-mon の言葉(目的に向かう改善ストーリー)を今は仲間達が随分と素直に素早く理解してくれ、反復し自身の言葉に置き換え各自の仲間達と共に行動し結果を味わってくれています。 g-mon も同じでした。他から学び恐る恐る試し相手の反応を確かめ何度も失敗し諦めなかった結果、やっと人を育てるの意味を理解したのです。

 この会社に入社して少し役割が重くなった時に話しかけてくれた1流企業の部長さんから教わった「この会社もあなたも1流では無い」と言う励ましの言葉に応えようと品質を中心に経理・技術・生産を学び行き付いたところが”人を大切にする”だったのです。仕事本位に人を育てる知識と技術・技能をこの会社に残したい。それが今この会社に残っているたった1つの理由です。
 

○○に付ける薬

 久々に腹が立ちました。何がと詳しくは述べれませんが偉い人が現場も見ずに口を出すなと言ってきたのです。その上に嫌みを加えてです。もっと偉い人が「この会社はざっくばらんが一番良いと思う」と言ってきた矢先の話です。この場合の偉い人とは、偉く迷惑な人と言う意味に使うのでしょう。

 成り上がり者によく見られるのですが現場を見ずに確認(聞き)もせず、大きな声を張り上げて「こうだ!」といきなり決めつける。それはそれはご本人さまは、十二分に考察なされたのでしょう。現場から遠く離れた場所でその優秀な頭の中で、出された答えが絶対なのですから手が付けられません。

 困ったことに、この手の人と話をしている余裕が g-mon には、ありません。そもそも話をする気もないと言うのが本音ですが、それは不味いと同僚には、教わるものの誰にも苦手はあるのです。これは、もう同僚たちに下駄を預けて g-mon は g-mon のやるべきことに打ち込みたいと思うのです。

 落ち着いて考えれば何時ものように偉い人が新しい決まりを作り発令し誰も理解せず何時の間にか消えるのでしょう。無駄とは思いますが g-mon のせいでは無し仲間達もその辺はよく理解しているように見受けられます。ここでボヤいて後は忘れます。お耳触りを失礼いしましたが、どこかに無い?
 

譲りたくない場所

 残業の新人くんを自宅近くの駅まで送りながら「この会社の平和は、ぼくらが守る」と言う話から発展し「この地球の平和も何時か僕たちが守れるようになる」(笑)「そのためには、世界征服だ!」(笑)「だから君は、ウルトラマンになれ!」と言ったら「それ、戦う相手が違いません?」(大笑)

 PCの入れ替え、ちょっと古くなった新人君との約束を守るため連日残業、キッテング作業は素晴らしく早く確実になりました。50台位は、ありますから体で覚えるのには、ちょうどいいかな?とも思いますが、届ける相手の生産性を確保するため平和のための作業だと理解してくれています。

 g-mon 達システム屋は、本当のリーダーには成れません。成れませんが多くのリーダー達、メンバー達を支える役割を色々な形で達成することはできます。そのために必要な、技術・技能と共に(やり方が合っているか少々不安ですが)システム屋として必要な心構えも一緒に教えてます。

 新人くんも新人君も g-mon もそれぞれ違う人、生き方・価値観・体力その他まるで違う存在です。違うのが当たり前ですから1点を除き無理に合わせる必要は、ありません。それは、どの役割も人(会社)の平和のために行うと言う心構えだと思っています。譲れないのは、その1点だけです。