戦いに必要なもの

 システムの骨格が固まりましたので導入を始めました。まずは、上の方から覚えて頂いているのですが、改めて整理したもので説明させていただくと「そうだったのか」とか「そこはこう言うことですよね」とか真剣に付き合ってくれます。システムなんて言うのはブラックボックスですので、どことどこが何と何がどう繋がって結果どうなるのか、1つ1つを追えばどってことないのですが、全体を把握するのは、それなりにやっかいです。

 やっかいですが部長クラスが概念を理解し骨格を知っていることは仕事に大きな影響を与えます。もちろん端末を叩くのは現場の1担当者ですが、少なくとも課長クラスまでは、会社全体のシステムがどのように繋がっているのかと自担当の処理が何に影響しどのようなデータが得られるのか辺りまでは理解しておくベキです。何故なら見えるものも見えなくなってしまった状態で全体最適化などと言うことはありえないからです。

 現在は、まだ構造を理解して頂いている段階ですが、これから時間を掛けてデータについての認識を持っていただくことになります。その先には、仮説を立てデータとデータとを組み合わせ、試し時間軸を加え行動と結果の関係を仮説と比較する練習に入ります。これを部課長の方々が理解できるように成ったところで別途準備している戦力強化の結果に結びつけ、やっと戦う準備が整います。面白い戦いになると思います。

 が、システムとそれを支える戦力の他に、もう一つ必要なものがあります。その先のビジョンです。ぼやけたものは見え隠れしているのですがパットしません。どうしても人が一丸となり何かに戦いを挑むには、ビジョンが明るい未来が必要です。そしてそれに呼応し大きなビジョンを補完する中ぐらいのビジョンが沢山生まれてこなくてはなりません。ビジョン・理念・目的・目標のカスケードダウンのスタート、悩ましいところです。
 

新人くんに教わる

 思っていたことを実際にやってみて躓くことが多々あります。初めてのことが多いのですが甘く考えていることによく気付かされます。ですので最初は一人でこっそりと初めて様子が見えてきたところで初めて仲間たちに話を始めます。

 このこっそりと始める時間の短いこと。いえ、実際には随分と長くかかわっているのですが集中しているのか面白いのか、あ!と言う間に時間がたってしまい、上手くことが運べば嬉しいし進まなければ、随分と落ち込んだりするのが可笑しいです。

 新しいことにチャレンジするのは好きですか? g-mon は嫌いです。面倒ですから。でも、そうも言っていられない仕事に付いているものだから困ったことに新しいことへのチャレンジが日常茶飯事に発生します。サボれないように上手くできてます。

 そんな気分の時に、新人くんに「社会人になって何か変わりました?」と聞いたところ随分と考え「責任を感じるようになりました。」と答えてくれました。そっか、自分のためなら今ほどには、チャレンジしないかもなー。と思いました。
 

大きな夢

 SQLサーバーをいじっているのですが面白い!何が面白いと言えば操作が簡単なのと資料がそこらじゅうにあることでしょうか。これとBIツールの組み合わせは威力を発揮すると思います。

 とは言っても全ては正しいデータが無理なく確実に全て取得出来てのことです。道具は使う側の問題で無用の長物にもなりますし鋭利な刃物にもなります。この辺もやってて面白いところだと思います。

 体で覚えると言うのがありますが、やはりやりたいことがあって自分から飛び込んだ時の方が知識の吸収はよいと思います。ただ、全てを1から覚えるよりもお金を出してでも教わった方が良いと最近は考えるようになりました。

 世の中の変化のスピードが速くなったからでしょうか? g-mon が扱える時間の量が限られているからでしょうか?何よりもは、やりたいことの規模が大きいせいだと思っています。この夢、一人じゃ終わらせられませんもの。
 

フリーズ

 プログラムを組んでいて初めて g-mon の方がフリーズしてしまいました!兎に角、目標のところまで辿り着きたいと必死だったんです。パターンも読めて来てデバックも早くなってきて、それでもとにかく量が多い。頑張りました。結果、自分が何をしているのか一瞬分からなくなりました。ビックリして休憩を取ったわけです。

 普段あれほどサボらせているのに脳と言うのは少し頑張らせると悲鳴を上げるようです。ボーットしてしまいましたので顔を洗って一呼吸をしてから今日のまとめに入り、ここまで進めておけば後は後輩たちにお願いする事も可能だろうと思いました。負荷を掛けるのは不本意ですがキット喜んで変わってくれると思います。

 打ち込んでいる時は、そんな事にも気付きません。もちろん、打ち込んでいたからこそ、そこまで来れたのですが、フリーズしなければ更に打ち込んでしまっていたのかな、と思います。正直、満足感と言うか終わっていないのにも拘らず達成感があります。この部分での g-mon の役割までは、達成出来たのだと思います。

 家に帰り家族団欒の食事をとり、1日の出来事を聞き、風呂に入り少し早目に床につきました。まだ頭の中はヒートアップしたままでしたがそれはそれで良いかなって思います。明日は明日でまた違った役割と達成すべき課題がありますが今は何も考えないでおこうと思います。先で考えれば大丈夫な範囲のハズですから。
 

世の中茨の道

 世の中はそう簡単には前に進まないようで、錯乱坊さんにお送りしたT-1(20型プリウス用電子機器)が表示せず、初期型との違いを指摘されましたが開発者と連絡が取れず、さて困った。もう1回メールしてみようかな。

 そう見えないかも知れませんが g-mon 押しが弱いです。自分が我慢して済むものでしたら幾らでも我慢します。ただ、人の為と言う事に成るとどうにも難しいです。ですので出来れば人と接触をしたくないのですが世の中そうもいかないんですよね、これが。

 ただ、多くの方にとてもよくされ何かと助けて頂いているのも事実ですし、何より人との接触の楽しさも知ってはいます。仕事を頑張るのも人のためですし喜んで貰えた時の満足感は他に代えられないものがあります。

 先日の文字数制限の回答がサポートセンターよりありました。256文字以上が使えるハズだそうです。困っちゃったなあー、プログラムの見直しが必要です。でも、助けられてまた一歩先に進めます。簡単に進まないから楽しいのかも知れませんね。