立ち直り力!

 組織をまとめるために調整をあちらこちらで取っているのですが、お陰様であちらこちらで豪い目にあい少し考えます。

・相手が否定されていると感じる言い回しを話の導入に持ってきてはいけない。
・どんなに否定され打ちひしがれてもポジティブ精神を忘れてはならない。
・報告を受けた時には適切な一呼吸を置いて次の一手を託さなくてはならない。

 理解し実践しているつもりであっても見直せば出来て無いことが分かります。そう、年初に立てた目標だって日々確認しなくては忘れてしまうのが人です。またやってしまった失敗は仕方がないとしても身に付くように直ぐある次の機会から反復練習です。

・相手の行動の良いところを確認して話の導入では褒め(認め)よう
・笑顔、特に長時間に渡るディスカッションでは、休憩を取り明るく振舞おう
・報告は、ジックリ聞こう、そして「大丈夫少し時間をください」とお願いしよう

 できると思う。何よりもそれにチャレンジする g-mon を楽しみたいと思う。少しワクワクしてきた。
 

言葉選びの面白さ

 同僚何名かに教えを乞い聞いてみると、否定されたり理解の外のことを強く言われたりすると腹が立つ人が多いようです。 g-mon にとって本来そのようなことは「どうでもよい」と言う分類に入ってしまい、その分類の方とは接触を少なくすると言う手立てを取ってきました。今までは。

 我関せず我が道を行くを通せる範囲の仕事をしていた時には気にも留めませんでしたが、いざ全社に関わるとなると、どうにもいけません。何かと横やりが入り痛くもない腹を探られます。そう、敵を作ると言いますか日頃のチョットした言葉使いで生きやすくも生きにくくもなるようです。

 面白いのは、上司が面白くないと思い色々言っている場合には、内容のわかっていない部下は鵜呑みにして、そのままその言葉を反復して話をして文句を聞かせてくれることです。筒抜け。逆に、その部下が納得した場合、面白くないと言っている上司に話が伝わることは、ありません。

 利口な上司ならば情報を集めようとするでしょうが。全ては g-mon の今までの言動の過ち、身から出た錆、しかたがありません。できるかできないか言葉使いを何とか改める行動方法を探しましょう。そして言葉の問題ですから修正された言葉をどのように伝達するか。それも面白い。
 

伝え方、その?

 「分かりましたよ、言われた通りにしますから言ってください」と言われてしまいました。違うのです『ご自身で考えて行動してほしい』と言っているのです。問題は、どのようにすれば『自分で考えて行動できるように成る』のかを g-mon が理解していないところにあります。

 物事を大きく捉え、その対象と目的に合った基準で整理し、見えてきた事柄を組み立てて課題を明らかにし、どの順番で改善していくべきかを考え筋道を吟味し、行けると判断できれば小さく試し、手応えがあれば本格的に根回しし、仲間を説得し、行動を確認する。

 言葉にすればたったこれだけのことです。そもそも個々の目的と目標はボンヤリとでも見えていると思うのですが実際の組織的活動との関連付けが頭の中で結びつかないのでしょうか?それとも目的と目標を時々忘れてしまう?何を糧に行動しようと思うのでしょうか?

 できる範囲で「あなたの行動が相手に伝わり、伝えた相手の行動がその部下たちを幸せにする」と説明しました。後ほど「その通りに伝えました、やってみます」の返事を頂きましたが、できれば「考えてみて、それも筋が通っていると思えるのでやってみます」が良かった。
 

今も踏ん張りどころ

 g-mon が(いまは”達”?)作成したシステムを使っての仕事をしていて変だと気付く人がいます。こちらの仕事量ではなく、その方の気になる点が中心ですので修正の依頼と催促が来ます。それは、とても良いことだと感じています。

 立ち上げ時には、それなりに考えてあったシステムですが長く使っていると何かしらの不具合が見えてきて当然です。ただ最初から使っている方や普段から考えない人、新人さんなどには不具合(ムリ・ムラ・ムダ)が見えないようです。

 この不具合(ムリ・ムラ・ムダ)に気付いて貰えると g-mon 嬉しくなります。少々しんどくとも何とか改善しようと思います。そして結果を喜んで貰えると、もっと嬉しくなります。部署などが違っても一緒に仕事をしている気に成れるのでしょう。

 この楽しさ嬉しさを後輩にも早く教えてあげたいとは思うのですが残業規制その他、急いでは不具合(ムリ・ムラ・ムダ)が出ます。ここは今少し踏ん張って後輩たちに余裕ができるのを待ちます。なんだかんだで良い感じなのかな?
 

ブレまくり

 g-mon 時々ブレます。今は、周りが何故協力してくれるのかに付いて考えが及ばずブレています。同僚が言うように「そう言う雰囲気」に成ってきているのでしょうが、それだけでは弱い気がしますし、そもそも「そう言う雰囲気」を作ってきたのですから整理して「そういう雰囲気」とは、どう言うものなのかを今後の「そう言う雰囲気」作りに役立てたいと思います。

 幾つかのポイントは見えています。
・率先してくれる人がいること
・その人の言うことが理解できる内容であること
・その人の言うことが自身にとってもメリットがあること
・実行するのに負荷が少ないこと(頑張ればできる範囲)
・周囲の意見も同じ方向であること
と言ったところだと思います。

 これらをある程度提供しここまで来たのだと思います。ただ、恐ろしいのは「志」の低さです。g-mon にとっての「志」は、全ての社員の幸福です。もちろん、その幸せが他に伝わり、より広い世界での幸せに繋がることも期待しています。ただ、困ったことにそれ以上のビジョンが無いのです。外からは、どの様に見えるか知りませんが、参謀であってトップの器ではないのです。

 ブレているなー。今はペンディング事項にして、目の前の課題を片付けます。